炒炒(チャチャ)|清水で遂に見つけた大好きな町中華

Pocket

今回のご紹介したいお店も清水なんですが、 『 炒炒(チャチャ) 』 さん。

炒めるの 「炒」 という字を二つ重ねて「ちゃちゃ」。

中国語では「炒」という字は chǎo「チャオ」と発音します。

この「チャオ」の「チャ」だけとって「チャチャ」となったんでしょうか。

それとも「炒飯」チャーハンの、この「チャー」から「チャチャ」になったのでしょうか?

詳細は不明ですが、とにかく・・・

いきますよ!

はじめましておうすけと言います。

このブログでは伊豆や静岡の観光スポット、おすすめグルメ、ランチスポットなど色々な分野を紹介していけたらと思っています。

伊豆を回って旅する『伊豆活』と称し活動していきます。

かつて住んでいた東南アジアの情報などもシェアしていきたいとも思っています。

よろしくお願いします。

『 炒炒(チャチャ) 』 さん二回目に行った記事もどうぞ↓

アクセス&営業時間

店名炒炒(チャチャ)
住所静岡県静岡市清水区能島245−11
アクセス静清バイパスの能島ICを降りてすぐ
電話番号054-344-7766
営業時間11時00分~14時00分
17時00分~22時00分
定休日月曜日
駐車場あり( 店の両脇に7台-10台)
公式情報なし

『 炒炒(チャチャ) 』とは?

場所は住宅街にあって静清バイパスの高架のすぐ横を入ったところです。

わかりにくい場所ではあります。

でもこのテンションの上がる赤い看板に白い文字・・・・

炒炒! いいですね〜。

駐車場は店の横に舗装なしの駐車場があってロープで区切りがしてあります。

ここに7台、つめれば8台でしょうか。

店を挟んで反対側にもコンクリートの駐車場がありますが、そちらは3台。

しかし、この『炒』という漢字テンションあがるなー!

お店の前には日替わりランチ(平日の11:00~14:00、税込み780円)のメニューの看板がいつも置いてあります。

今日は・・・・

カレーチャーハン⁉

ん~。興味深い、珍しい。

入ってみた。

メニュー

どの方向から撮ってもメニューが光ってしまって。

お店の方はメニューをやたら撮りまくる怪しい人と思ったでしょう・・・。

『炒炒セット』というのがあってラーメンは醤油か塩か選べて、値段も850円~900円でリーズナブル。

『日替わりランチセット』は780円ですから更にお得ですね。

悩んだ挙句、珍しいので『カレー炒飯(小)+醤油ラーメン』の日替わりランチ、110円+して大盛にしました。

お店はご主人と奥様がお二人で切り盛りされている感じでした。

お二人の会話からとても仲が良さそうな感じでホッコリしました。

ご主人お一人でこの数のメニューをこなすのは大変ですね。

店内はカウンター4-5席、小上がりの座敷テーブル4人掛けが3つでした。

実際食べてみたら?

カレー炒飯と醤油ラーメンがお盆に載せられて同時に到着でした。

麺とご飯ものが同時に食べれるのもいいですね。

麺は細麺ストレート。

硬めに茹でてあったと思います。

底加水麺です。

早く食べないとスープを吸ってしまいますね。

大盛なので麺を食べるのに時間がかかるので、硬めに茹でてくれると助かります。

麺の大盛の量が多めでよかったです。

スープ塩味もちょうど良い。甘さ抑えめで私は好きでした。

チャーシュー薄目の3枚(大盛だから?) サッパリしていて脂少なめのチャーシューでした。

メンマはけっこう甘い味付けでした。

さて『カレー炒飯』。 

結構カレーの味がきいてます。

こちらの炒飯がしっとり系、どちらかというとかなりのべちゃべちゃ系という評価を目にしていました。

噂通りめっちゃシットリでした!

シットリ系が好きな人にはたまらんのではないでしょうか?

私はパラパラ系が好きですが、これもいい感じです。

カレーピラフみたいな感じのイメージでした。

カレー味だけに紅ショウガではなく、福神漬けが添えてある(笑)

ここはリピートリストに入りました!

この『 炒炒(チャチャ) 』 さんは、Googleマップのおすすめ度が非常に高く、批判的な事を言っている方や星を一つしかつけていない方が少ないので興味を持ち行ってみることにしました。

ちなみこのお店に限らずの話ですが、Googleマップのおすすめ度とか必ずしも参考になるとは思ってはいないのですが、どんなに人気店でもアンチというか、細かい接客のミスで星をめちゃくちゃ少なくする人とか、色々な意見があって興味深いですね。

ちなみにこの 『 炒炒(チャチャ) 』 さん の評価に星一つをつけている方が一人、星二つが一人いました。

その星一つの方の評価は「少なくてまずくて高い」というシンプルなものでした。

味のどこがどう悪いのか具体性はなかったです。

これがまた私の感想とは全く逆でした・・・。

で、ちょっとその星一つの方がどんな飲食店に高評価をつけているのかを興味本位で見てみました(笑)。

その方が他のお店につけている評価のほとんどが星一つでした。

星を多くつけていたのはスナックと台湾料理のお店でした・・・。

その方はその台湾料理屋さんの台湾ラーメンを高く評価しておられましたが・・・。

その台湾料理店に以前行ったことあるのですが、量がすごく多くてセット価格が安い、いわゆる一般的な台湾らーめんのお店でした。

セットの台湾ラーメンはお世辞にも美味しいとは言えませんでしたが、その値段ですし、私はまったくの不満はありませんでした。

もう一つその方のスナックへの高評価は「安くて気軽に飲める」でした…笑

他のコメントもほぼお値段に言及しています。

なるほど、値段重視なのか・・・。

人の意見ってほんと色々ですね笑

ちなみに後でご紹介しますが 『 炒炒(チャチャ) 』 のメニューはどちらかというとリーズナブルなお値段設定です。

一方、星を二つという評価をしていた方のアカウントはロックされていたので、その方が他ににどんな評価をされていたのかわかりませんでした。

『 炒炒(チャチャ) 』 さんに対してのこの方の評価は「調味料の味をダイレクトに感じる仕上がり」の一言でした。

なるほど。

調味料と言っても色々ありますが、これは化学調味料のことを指しているのか、普通の塩、胡椒、醤油の調味料の事をさしているのかがわかりませんでした。

評価するならもうちょっと具体的にしてほしいし、ちょっとこれで星二つはないかなと。

ネガティブなコメントも飲食店選ぶときの参考のために必要かと思いますが、ほぼすべての評価にネガティブに書いている人はそこがストレスのはけ口になっているような気がします。

そのために一生懸命頑張っている飲食店が標的にされてしまうのはかわいそうな話ですね。

まあいずれにしても、どれぐらいの量で満足するか、どれぐらいの値段が高いと判断するか、どんな味が好みかそれは本当に人それぞれで、星5つというシンプルなものでは語れないですね。

なんかすっかり語ってしまった!

では

今度は別のメニューも試します!

別メニュー試しに行ってきました!

空知舎 黒の雲丹醤油

沼津のクラフトビール、ベアードビールもよろしく!

伊豆のわさびやの作ったふりかけとマヨネーズ

awesomeyoh

伊豆地方を拠点として暮らしている おうすけ といいます。
15年ほど過ごした東南アジアから仕事のために帰国。その後コロナが始まり帰ることができず今に至ります。
10代の頃から外国にあこがれ旅をし、20代で東南アジアに拠点を移し、とにかく世界の色々なところを見て色々な文化に触れたいと思い、いくつかの国を訪れました。
東南アジアの独特な雰囲気に魅せられ、文化を調べたり、言語を学んだり、写真に収めたりしてきました。
しかし、日本へ帰国した時ふと思いました。
あんなに興味のなかった日本ってめちゃくちゃいい国じゃん……
もっと日本のこと知りたい、もっともっと日本の行ったことのない場所に行ってみたいと思うようになりました。
2019年、東南アジアから帰国し、始めた仕事で一年ほど伊豆地方全体を回る機会がありました。
伊豆の山奥に突如広がる山葵田(わさびだ)、林と林の間から見える水平線、毎日見ても毎日感動してしまう夕日、小さくても膨大な量の水を吐き出す滝、太陽に照らされて金色に輝く稲田、毎日表情を変える富士山…
伊豆という素晴らしい場所が身近にありながら全く伊豆の事を知らないということに気がつきました。
もっと伊豆の事を知りたい。
伊豆の美味しい食べ物や素敵な場所を自分の目で見て、食して、調べて、そして写真に収めたいと。
そして、おこがましくも日々伊豆地方の観光地や飲食店、宿泊施設で日々奮闘する人々に少しでも貢献できればと思いました。
それでこのブログを立ち上げました。
伊豆のおでかけスポット、グルメ、自然、人々など色々な分野を紹介していけたらと思っています。
伊豆を回って旅する『伊豆活』と称し活動していきます。
時々かつて住んでいた東南アジアの情報などもシェアしていきたいです。
このブログを通して、誰かの日常を特別な非日常にできる事ができたらと思っています。

おすすめ記事

1件のコメント

  1. […] お店の情報、メニュー、営業時間、場所に関しては前回の記事 炒炒(チャチャ)|清水で遂に見つけた大好きな街中華 を参考してください。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »