マレーシアの麺料理の色々|『面粉糕(ミィエンフェンガオ)』の注文の仕方

Pocket

前回、マレーシアのチャイニーズ(華人系)のお店に入った時の『清汤手工面(チンタンショウゴンミィエン)』の注文の仕方をご紹介しましたが、今回は『面粉糕(ミィエンフェンガオ)』です。

この麺が好きなマレーシアンチャイニーズも多いですね。

マレー系やインド系の麺料理にはこの麺を使ったものはないかと思います。(あるのかもしれませんが、私は今まで見たことないです。)

前回の記事で紹介しましたが、まず日本人がマレーシアで食事をする時にどんな流れで選択していけるかを説明しながらいきたいと思います。

はじめまして「おうすけ」と言います。
このブログでは伊豆や静岡の観光スポット、おすすめグルメ、ランチスポットなど色々な分野を紹介しております。

2023年より、かつて暮らしていたマレーシアに戻ってきました。
今後はしばらく、マレーシアの食や文化、言語について、かつて15年以上マレーシア住んでいた私ならではの視点で紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。

注文までの流れ

おうすけ

前回説明したように、まず食事を選ぶときは下記の4つから選びます。

マレーシアのローカル料理の選択肢

  • マレーフード(マレー人の食事で豚肉などが不使用)
  • インディアンフード(インド人の食事でスパイスの聞いた辛いものが多い)
  • チャイニーズフード(華人の食事で日本人にも合う味)
  • ママッフード(またはナシカンダーフード、インド人とマレー人のミックス)

もちろんマレーシアにもウェスタンフードやアラブ系、日本食や韓国食なども選択肢としてありますが、今回はマレーシアのローカルフードの基本は大体この4つです。

そしてこの上記の4つの中からどれを食べたいか選んだら、次に「ご飯もの」「麺もの」かを選択します。

ご飯ものにするか?麺ものにするか?

  • ご飯もの
  • 麺もの

これが決まったら、どんなスープ(汤)にするか、もしくはドライ(干捞)にするか決めます。

スープ(汤)or ドライ(干捞)

  • スープ(汤)
  • ドライ(干捞)

ドライ(干捞)というのは日本でいう【まぜそば】みたいな感じです。

今回もスープですね。

後ほどドライ(干捞)の方も紹介しますね。

おうすけ

ドライ(干捞)にもいくつか味の選択肢がある店もあります。

地域やお店によってそんなに選択肢がない場合もあります。

スープ(汤)の種類

  • 清汤(チンタン)
  • 咖喱汤 or 咖喱咖沙(ガーリータン)
  • 东炎汤(トンイェンタン)
  • 麻辣汤(マーラータン)
  • 虾面(シャアミィエン)
  • 云吞面(ユントンミィエン)
  • 卤面(ルーミィエン)

清汤(チンタン)を選びますね。

ここまできたら、あとは麺の種類を選ぶだけです。

以前の記事でも紹介しましたが、大きく分けて、麺は10種類ほどあります。

マレーシアの麺料理に使われる麺は大きく分けると米粉で作られた麺と、小麦粉で作られた麺があります。

米粉麺

  • 「米粉 Bihun or Mee Hoon(ビーフンまたはミーフン)」
  • 「河粉 Ho Fun(ホーファン)」
  • 「粿条 Kueh Teow or Kueh Tiao(グオティアオ)」
  • 「老鼠粉 Lao Shu Fen (ラオシュウフェン)」

小麦粉麺

  • 「面粉糕 Mee Hoon Kueh(ミーフンクエまたはミィエンフェンガオ)」
  • 「黄面 Huang Mian (ファンミィエン)」
  • 「幼面 You Mian (ヨウミィエン)」
  • 「面薄 Mian Bo or Mee Pok (ミーポック)」
  • 「手工面 Shou Gong Mian (ショウゴンミィエン)」
  • 「板面 Ban Mian (バンミィエン)」

米粉の「米粉 Bihun or Mee Hoon(ビーフンまたはミーフン)」の説明は過去の記事をご覧ください。

小麦粉麺の「黄面 Huang Mian (ファンミィエン)」Mee(ミー)と同じです。

この中から小麦粉麺「面粉糕 Mee Hoon Kueh(ミーフンクエまたはミィエンフェンガオ)」を選択します。

同じマレーシアでも地域によって呼び方が違ったりしますが、大体どこでも「ミィエンフェンガオ」と言えば伝わるかと思います。

ただ、お店で麺を作っている所じゃないと置いてない場合も多いです。

『面粉糕汤(ミィエンフェンガオタンー)』

こんな感じです。

麺に特徴があって、日本ではあまり見ることのない形の麺です。

中国の刀削麺にも若干近いですが、もっと太く大きさや太さは全然違います。

おうすけ

この『面粉糕(ミィエンフェンガオ)』という麺は練った小麦粉をある程度の薄さに伸ばした後に、それを手で引きちぎって茹でます。

なので、麺一つ一つの太さや大きさが違っていて独特な食感が楽しめるのです。

厚めに伸ばしていることが多く結構歯ごたえがあります。

日本の讃岐うどんのコシとは違い、弾力があると言うより、結構ぼそっとした食感のものも多く、店によって食感が違うのも興味深いです。

食感はどちらかというと「吉田うどん」とかに近いかもしれないですね。

『面粉糕 东炎汤(ミィエンフェンガオ トンイェンタンー)

さて、今度はスープを変えてみましょう。

スープ(汤)の種類

  • 清汤(チンタンー)
  • 咖喱汤 or 咖喱咖沙(ガーリータンー)
  • 东炎汤(トンイェンタンー)
  • 麻辣汤(マーラータンー)
  • 虾面(シャアミィエン)
  • 云吞面(ユントンミィエン)
  • 卤面(ルーミィエン)

3番目の东炎汤(トンイェンタンー)にしてみましょう。

この东炎汤(トンイェンタンー)というのはトムヤムスープのことです。

辞書で引いても出てこないので、マレーシアチャイニーズ独特の呼び方なのかもしれません。

タイのトムヤムクンのスープ「トムヤム」はマレーシアでもよく食べられています。

ミィエンフェンガオ トムヤム」とお店の人に言っても通じます。

注文するときは、英語が通じる都会のチャイニーズレストランであれば「Can I have Mian Fen Gao Tomyam (ミィエンフェンガオ トムヤム) Soup?」と言えば通じます。

田舎で英語が通じなければ、「我要 面粉糕东炎汤。(ウォーヤオ ミィエンフェンガオ トンイェンタンー)」で通じます。

色はこんな感じで薄い茶色みたいなスープの時もあれば、オレンジの時もあります。

これはオレンジ色が強いですね。

おうすけ

トムヤムといってもそんなに辛くはないです。

ただ結構酸っぱいです。

『面粉糕 干捞(ミィエンフェンガオ ガンラオ)

さて先ほども触れたように、ドライ(干捞)もあります。

ドライの種類はこんな感じでしょうか。

ドライ(干捞)の種類

  • 干捞(ガンラオ)
  • 咖喱(ガーリー)
  • 东炎(トンイェン)
  • 麻辣(マーラー)
  • 云吞面干(ユントンミィエンガン)

ノーマルな干捞(ガンラオ)いってみましょう。

おうすけ

ドライの麺には別にスープがつくことが多いです。

おうすけ

下の方にソースが溜まっているのでしっかりとかき混ぜてください。

魚の練り物のフィッシュケーキと呼ばれるものが載っていたり、豚のひき肉や野菜、紫玉ねぎを揚げたやつなどが載ってます。

こういう具がちょっと多めに載っている店はいいですね。

おうすけ

いやーしかし、『面粉糕 干捞(ミィエンフェンガオ ガンラオ)』、ほんとこれはうまい店に当たると、麺もガッツリしてるので、満足感が半端無いっす。

『面粉糕 东炎干捞(ミィエンフェンガオ トンイェン ガンラオ)

トムヤム味でドライの麺は珍しいです。

ドライ(干捞)の種類

  • 干捞(ガンラオ)
  • 咖喱(ガーリー)
  • 东炎(トンイェン)
  • 麻辣(マーラー)
  • 云吞面干(ユントンミィエンガン)

トムヤムスープが付いてます。

卵はトッピングで付けました。

スープも楽しめるのでなかなか満足感があります。

こんな感じで『面粉糕(ミィエンフェンガオ)』は私はめちゃくちゃおすすめですので、ぜひマレーシアに来たら試してみて下さい。

お値段は一人前、大体RM5- 9ぐらいだと思いますが、最近は都会は値上がりが激しいのでもっと高い所もあるのかも。

awesomeyoh

伊豆地方を拠点として暮らしている おうすけ といいます。
15年ほど過ごした東南アジアから仕事のために帰国。その後コロナが始まり帰ることができず今に至ります。
10代の頃から外国にあこがれ旅をし、20代で東南アジアに拠点を移し、とにかく世界の色々なところを見て色々な文化に触れたいと思い、いくつかの国を訪れました。
東南アジアの独特な雰囲気に魅せられ、文化を調べたり、言語を学んだり、写真に収めたりしてきました。
しかし、日本へ帰国した時ふと思いました。
あんなに興味のなかった日本ってめちゃくちゃいい国じゃん……
もっと日本のこと知りたい、もっともっと日本の行ったことのない場所に行ってみたいと思うようになりました。
2019年、東南アジアから帰国し、始めた仕事で一年ほど伊豆地方全体を回る機会がありました。
伊豆の山奥に突如広がる山葵田(わさびだ)、林と林の間から見える水平線、毎日見ても毎日感動してしまう夕日、小さくても膨大な量の水を吐き出す滝、太陽に照らされて金色に輝く稲田、毎日表情を変える富士山…
伊豆という素晴らしい場所が身近にありながら全く伊豆の事を知らないということに気がつきました。
もっと伊豆の事を知りたい。
伊豆の美味しい食べ物や素敵な場所を自分の目で見て、食して、調べて、そして写真に収めたいと。
そして、おこがましくも日々伊豆地方の観光地や飲食店、宿泊施設で日々奮闘する人々に少しでも貢献できればと思いました。
それでこのブログを立ち上げました。
伊豆のおでかけスポット、グルメ、自然、人々など色々な分野を紹介していけたらと思っています。
伊豆を回って旅する『伊豆活』と称し活動していきます。
時々かつて住んでいた東南アジアの情報などもシェアしていきたいです。
このブログを通して、誰かの日常を特別な非日常にできる事ができたらと思っています。

2023年3月よりマレーシアの田舎町で暮らすことになりました。
中華系マレーシア人が多い町なので、ここで中国語も勉強しつつ、大都市とはまた違ったマレーシアの文化などを探って、食や言語、文化についての情報をお伝えします。

おすすめ記事

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Translate »