『チェンマイ2日目』②|『Lim Lao Ngow Fishball Noodle』|ミシュラン ビブグルマンに選出されたらしい?麺屋さん

Pocket

一軒目の朝ラーメンを終え、次に目的もなく旧市街の中をレンタルバイクでテクテク。

ちなみに今回の私の相棒は「ヤマハ | YAMAHA キュービックス | QBIX」

このポップな色とスタイルときたらたまらん。

このティファニーブルーに黄色。

素敵。

このバイクでブイブイ言わせていると、数軒飲食店が並ぶエリアがあり、その中にこのバイクと同じ様な色の店舗があるではないか!

この色使いはタイ人が好きなやつ。

タイ語の文字も相まって可愛い雰囲気になってる。

このエリアなんだか朝の割には他の場所と比べバイクや車が多い。

もしかしたら人気店が並ぶ場所なのかな。

早速入ってみた。

おうすけ

はじめまして「おうすけ」と言います。
このブログでは伊豆や静岡の観光スポット、おすすめグルメ、ランチスポットなど色々な分野を紹介しております。

2023年より、かつて暮らしていたマレーシアに戻ってきました。
今後はしばらく、マレーシアの食や文化、言語について、かつて15年以上マレーシア住んでいた私ならではの視点で紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。時々マレーシア近隣の国へ行くのでそのリポートもします。今回はタイのチェンマイの情報です。

『Lim Lao Ngow Fishball Noodle』フィッシュボールヌードルのお店

『Lim Lao Ngow Fishball Noodle』

中国名は「林老五」です。

ん?

近くで見てみると・・・・

「2018 Michelin 」という文字が書いた赤くて丸いやつが・・・

え?ミシュラン?

2018〜2023まである。

こんなところにミシュラン?

この店の感じだとビブグルマンでしょうかね。

ビブグルマンとは・・・

ミシュランいわく「星は付かないながらコストパフォーマンスが高く、良質な料理を提供する飲食店・レストラン(6,000円以下で良質な料理を楽しめる)」とのこと。

そうなんだあ。

これが本当なら一応ミシュランに選ばれた名店ということになりますよ。

これは入ってみないわけにはいかない。

今日は麺縛りだしちょうど良い。

ネットでおすすめや情報などゲットせずに入ったので、何が有名で人気があるのかも分からず・・・。

わかりにくいメニューですが(苦笑)大きく分けると麺のメニューは4種類で、フィッシュボールヌードル、エンタフォー、トムヤムそしてワンタンヌードル

そしてそれぞれの麺の種類にドライもある様です。

ワンタンに関してはワンタンスープのみもあリマス。

後からウェブサイトを見て知ったのですが、このお店の本店はバンコクのチャイナタウンにあるらしいのです。

支店も何店舗かあるみたいです。

ウェブサイトもあります。

サイトはこちら

こちらのお店は「Fishball Noodles(フィッシュボールヌードル)」「卵麺」がおすすめのメニューの様です。

サイトによるとこのお店は老舗で創業80年以上で、先代からの味を忠実に受け継ぎ、特にフィッシュボールはつなぎに小麦粉などの余計なものを入れていないとのこと。

卵麺に関しても相当なこだわりがあるようで、サイトによると上質の小麦を使用し卵も新鮮で、通常の麺より二倍の卵を使用しているので、卵の香りが強く、弾力のあるもちもちとした麺になっているそうです。

麺の切り方は平たくしてあるみたいです。

日本のラーメンのびらびら麺みたいな感じですかね。

ということで、お勧めは一枚目のメニューにある一番左か、左から二番目のフィッシュボールヌードル」スープドライで、選ぶ麺は一番右の王冠マークがついた「Special Egg Noodle」でしょうかね。

ちなみに余談なんですが・・・

メニューの「Special Egg Noodle」Noodleに複数形の「s」がついてませんが、正確には「noodles」です。

麺料理には麺がたくさん入っているので、複数形の「s」をつけます。

「s」をつけないとただの一本の麺ということになってしまいます。

この複数形、日本語にはないのでよく間違うんですよね。

でも英語では結構その文章の意味を左右したりするので、大事です。

話がそれました。

この店の“推し情報”を前もって得ていれば、選択肢は「フィッシュボールヌードル」スープ「Special Egg Noodle」の麺にしたんですが・・・

この日はどうしてもタイにしかないあの味を久しぶりに食べたくて・・・。

ピンクのスープ「Yen-Ta-Fo Thai style、エンタフォー」(เส้นเล็กเย็นตาโฟ)

左から三番目の「Yen-Ta-Fo Thai style、エンタフォー」しかも麺は米粉(ビーフン)にしてしまいました!!

「Yen-Ta-Fo Thai style、エンタフォー」(เส้นเล็กเย็นตาโฟ)とは?

このスープは豆腐と紅麹べにこうじで発酵させた紅腐乳が入っていて甘酸っぱいです。

正直フィッシュボールヌードルはマレーシアでもよく食べますし、フィッシュボール自体にそれほどの違いはないと思っているので、全く選択肢にはなかった。

麺が到着〜

うん、これこれ。

久しぶりの「エンタフォー」(เส้นเล็กเย็นตาโฟ)

スープがピンクなのもまたインパクト大。

そして麹だけに味に深みがあるのですよ。

前回の記事でもちょっと触れたんですが、「エンタフォー」というのもマレーシアに似た名前の料理があって、由来も同じと考えられます。

しかし、見た目、味は全く違います。

マレーシアの方は「酿豆腐(ヨンドウフゥ)niàngdòuと言います。

北京語、いわゆるマンダリンでは漢字をそのまま読むと「ニィエンドウフゥ」と発音するのですが、起源となっている中国の客家語では「Yong tau foo(ヨンタオフー)」と発音します。

マレーシアでもこの様に呼ばれています。

ヨンタオフーとエンタフォー・・・そっくり。

以前の記事で「酿豆腐(ヨンドウフゥ)niàngdòuについてちょっと説明していますので、興味ある方は下の記事をご覧下さい。

おそらくルーツは同じ料理だけど、タイでは”エンタフォー”と呼ばれ、マレーシアでは”ヨンドウフゥ”と呼ばれる。

どちらも中国から伝わったと考えられる。

そう考えると中国の食の影響力半端ないですね。

中国語勉強するまでは、タイに来てもそこまで考えることはなかったですね。

具沢山で練り物系も美味しいです。

これはワンタンかな?

写真を撮っていると店のおじさんがにっこり。

さて問題はここが本当にミシュランのビブグルマンの店なんでしょうか?

ちゃんと調べると、この店自体が選ばれているわけではないようです苦笑

バンコクの本店が選ばれていてこの支店は選ばれていない様ですが、まあ本店を同じ味を出しているという自信があるのか、ちゃっかりミシュラン名乗ってます笑

そのへんがタイ人らしいですね・・・

さて三件目はついにチェンマイ名物カオソイいきます!

awesomeyoh

伊豆地方を拠点として暮らしている おうすけ といいます。
15年ほど過ごした東南アジアから仕事のために帰国。その後コロナが始まり帰ることができず今に至ります。
10代の頃から外国にあこがれ旅をし、20代で東南アジアに拠点を移し、とにかく世界の色々なところを見て色々な文化に触れたいと思い、いくつかの国を訪れました。
東南アジアの独特な雰囲気に魅せられ、文化を調べたり、言語を学んだり、写真に収めたりしてきました。
しかし、日本へ帰国した時ふと思いました。
あんなに興味のなかった日本ってめちゃくちゃいい国じゃん……
もっと日本のこと知りたい、もっともっと日本の行ったことのない場所に行ってみたいと思うようになりました。
2019年、東南アジアから帰国し、始めた仕事で一年ほど伊豆地方全体を回る機会がありました。
伊豆の山奥に突如広がる山葵田(わさびだ)、林と林の間から見える水平線、毎日見ても毎日感動してしまう夕日、小さくても膨大な量の水を吐き出す滝、太陽に照らされて金色に輝く稲田、毎日表情を変える富士山…
伊豆という素晴らしい場所が身近にありながら全く伊豆の事を知らないということに気がつきました。
もっと伊豆の事を知りたい。
伊豆の美味しい食べ物や素敵な場所を自分の目で見て、食して、調べて、そして写真に収めたいと。
そして、おこがましくも日々伊豆地方の観光地や飲食店、宿泊施設で日々奮闘する人々に少しでも貢献できればと思いました。
それでこのブログを立ち上げました。
伊豆のおでかけスポット、グルメ、自然、人々など色々な分野を紹介していけたらと思っています。
伊豆を回って旅する『伊豆活』と称し活動していきます。
時々かつて住んでいた東南アジアの情報などもシェアしていきたいです。
このブログを通して、誰かの日常を特別な非日常にできる事ができたらと思っています。

2023年3月よりマレーシアの田舎町で暮らすことになりました。
中華系マレーシア人が多い町なので、ここで中国語も勉強しつつ、大都市とはまた違ったマレーシアの文化などを探って、食や言語、文化についての情報をお伝えします。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Translate »