お食事処『燦』(さん)|地元に愛される隠れ家的な食事処『燦』で「ひゃくひろ」と「めぼう串」を食べる

Pocket

はじめまして「おうすけ」と言います。

このブログでは伊豆や静岡の観光スポット、おすすめグルメ、ランチスポットなど色々な分野を紹介していけたらと思っています。

伊豆を回って旅する『伊豆活』と称し活動していきます。

かつて住んでいた東南アジアの情報などもシェアしていきたいとも思っています。

よろしくお願いします。

東伊豆町片瀬の海沿いの裏道に、波音と地元のお客の笑い声で賑わう食事処がある。

地元民に愛される人気の食事処 それが、『お食事処 燦』(さん)です。

地元の地魚を低価格で提供するこの食事処、居酒屋で、なぜか串焼き、揚げ物、肉を食いまくった!

お食事処 燦(さん)とはどんなお店?

仕事のために東伊豆の片瀬の海沿いのホテルに素泊まり。

夕食、食べて飲めるところを探しに海沿いを歩くと看板の明かりが目に入った。

お客さんの笑い声が外にまで聞こえて、店内も混んでいるようだった。

中に入るとカウンター(6席)もいっぱい、右手の小上がりのお座敷(6畳ぐらいの座敷に2テーブル。)もいっぱいだった。

アクセス&営業時間

店名『お食事処 燦(さん)』
住所静岡県賀茂郡東伊豆町片瀬577−20
アクセス伊豆急行伊豆急行 片瀬白田駅より徒歩約7分
電話番号055-722-2004
営業時間11:30~14:00 17:00~22:00(オーダーストップ21:30)
定休日水曜日
駐車場15台
公式情報なし

メニュー

メニューが豊富です。

おつまみメニューだけ書き出してみた。

おつまみ 一品料理

油淋鶏揚げ鳥鶏のにんにくネギソースかけ) 950

若鶏唐揚 (フレンチポテト付) 700

ピリ辛もつ炒め 600

ウィンナー 550

フレンチポテト 450

コロコロいももち 530

イカバター 800

いか下足とわたのホイル焼 550

冷奴 400

まぐろ納豆 570

いか納豆 550

玉子納豆 400

やきとり盛 (3本) 400

若鶏手羽塩焼(2本) 350

豚バラ串焼き (2本) 500

百広(まんぼうの腸) 2本 400

チーズ包み揚げ 550

エイヒレ 450

川エビ唐揚 500

にんにく揚 300

生野菜 650

生春巻のサラダ (ライスペーバー巻) 580

おとうふサラダ(ごまドレ) 550

ハムサラダ 750

地魚のサラダ 900

地魚のカルパッチョ 900

もろきゅう 400

冷トマト 450

おしんこ盛合せ 400

焼魚

金目味噌漬(切身) 780

ホッケ一夜干 900

ブリの照り焼き 900

サンマの塩焼き

いわし丸干し(1尾) 350

塩鮭の切身 430

生サバの塩焼き 500

金目の煮付まるごと一匹 (少しお時間がかかります!)

刺身盛合せ 人数や金額でご相談ください。

ここまででおつまみメニュー・・・・。

多❕

まだまだ他にもメニューありますよ。

写真がきれいに撮れていなくて申し訳ないですが…写真でご確認を!

実際食べてみたら?

左手の奥のお座敷に通された。

こちら側で宴会も可能なようで40人ぐらいまでいけるみたいです。

なんだか一人でお座敷は申し訳ないですが・・・。

まずはビール。

瓶ビールはアサヒスーパードライのみ。

私の好みの瓶ビールではないですが、やっぱり冷えたビールの画像はすばらしいですね。

皆さんは好みの瓶ビールってありますか?

お通しは確か黒はんぺん揚げだったと思います・・。

まずは・・・・

まぐろ納豆とピリ辛モツ炒めじゃ!

マグロが柔らかく、いい具合に脂がのっていて美味しい。

マグロと納豆と相性も抜群。

ピリ辛モツ炒め

それほどピリ辛でもなかったです。

歯ごたえあり系ですが、いいお味ですよ。

今日は色々事情がありこの辺でやめておかねばならんので、あと二品で。

『焼き鳥盛』と珍しいメニューの『百広(ひゃくひろ)…マンボウの腸』にしました!

内蔵系すきだなー

焼き鳥はどれも美味しかったです。

さー百広・・・

コリコリ

不思議な食感。

イカよりは歯ごたえがあり、ホルモンよりははるかに柔らかく飲み込みやすい。

焼いているので香ばしさもあり。

これは美味しいです!

最後に生ビール。

これもアサヒスーパードライ。

ビールって不思議なもので、生ビールと瓶ビールって同じ銘柄でも全然味が違います。

皆さんも飲み比べてみてください。

生ビール=美味しいって思われがちですが、瓶ビールには瓶ビールの美味しさがあります。

この日はここで終わりにしましたが、後日仕事で東伊豆を訪れた時に同じホテルに宿泊。

まだ試していないメニューを試しに再来。

もう一度来てみた

今日のお通しは・・・。

シラスとほうれん草を和えたもの。

美味しい。

今日もアサヒスーパードライです。

今日はカウンター席。

隣におじさんが一人。

目の前にはアジの素揚げなんでしょうか?山積みに。

でも、今日も串系いきますね。

まずはこれもめずらしい。

『めぼう串』(いかの口)

これは美味しかった。

コリコリして。

脂はなくさっぱり。

『ぼんじり』『若鶏唐揚げ+フレンチポテト』『やきとり盛』をいっきに注文した時点でその日の営業が8時までと知る・・・。

緊急事態宣言中もあってか仕方ないですね。

急いで食べて飲んで退散。

でも美味しかったです。

次回は落ち着いて魚、お刺身系いきたいと思います。

空知舎 黒の雲丹醤油

沼津のクラフトビール、ベアードビールもよろしく!

伊豆のわさびやの作ったふりかけとマヨネーズ

awesomeyoh

伊豆地方を拠点として暮らしている おうすけ といいます。
15年ほど過ごした東南アジアから仕事のために帰国。その後コロナが始まり帰ることができず今に至ります。
10代の頃から外国にあこがれ旅をし、20代で東南アジアに拠点を移し、とにかく世界の色々なところを見て色々な文化に触れたいと思い、いくつかの国を訪れました。
東南アジアの独特な雰囲気に魅せられ、文化を調べたり、言語を学んだり、写真に収めたりしてきました。
しかし、日本へ帰国した時ふと思いました。
あんなに興味のなかった日本ってめちゃくちゃいい国じゃん……
もっと日本のこと知りたい、もっともっと日本の行ったことのない場所に行ってみたいと思うようになりました。
2019年、東南アジアから帰国し、始めた仕事で一年ほど伊豆地方全体を回る機会がありました。
伊豆の山奥に突如広がる山葵田(わさびだ)、林と林の間から見える水平線、毎日見ても毎日感動してしまう夕日、小さくても膨大な量の水を吐き出す滝、太陽に照らされて金色に輝く稲田、毎日表情を変える富士山…
伊豆という素晴らしい場所が身近にありながら全く伊豆の事を知らないということに気がつきました。
もっと伊豆の事を知りたい。
伊豆の美味しい食べ物や素敵な場所を自分の目で見て、食して、調べて、そして写真に収めたいと。
そして、おこがましくも日々伊豆地方の観光地や飲食店、宿泊施設で日々奮闘する人々に少しでも貢献できればと思いました。
それでこのブログを立ち上げました。
伊豆のおでかけスポット、グルメ、自然、人々など色々な分野を紹介していけたらと思っています。
伊豆を回って旅する『伊豆活』と称し活動していきます。
時々かつて住んでいた東南アジアの情報などもシェアしていきたいです。
このブログを通して、誰かの日常を特別な非日常にできる事ができたらと思っています。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »