『中華料理 八福』|ヒューマングルメンタリー オモウマい店で話題のあの店、の隣にある町中華

Pocket

最近なにかと話題になっている沼津の飲食店といえば、「ヒューマングルメンタリー オモウマい店」で紹介された「スパゲティ夢の中へ」

創業がいつからかは存じ上げませんが、私が学生の頃には存在し、若い人に人気があった記憶があります。

今日紹介したいのはこの「スパゲティ夢の中へ」!・・・ではなく、その隣の・・・・

『中華料理 八福』さんです。

はじめましておうすけと言います。

このブログでは伊豆や静岡の観光スポット、おすすめグルメ、ランチスポットなど色々な分野を紹介していけたらと思っています。

伊豆を回って旅する『伊豆活』と称し活動していきます。

かつて住んでいた東南アジアの情報などもシェアしていきたいとも思っています。

よろしくお願いします。

アクセス&営業時間

店名『中華料理 八福』
住所〒410-0801 静岡県沼津市大手町5丁目9−17
アクセス沼津駅南口から徒歩3分
電話番号055-951-5206
営業時間11:00~23:00
定休日木曜日
駐車場なし
公式情報なし
※営業時間・定休日が記載と異なる場合がございます。ご来店時は事前に店舗にご確認ください。

メニュー

メニューが豊富で悩みますね。

どれも美味しそうだけど、餃子のせラーメンだけはちょっと・・・ないかなぁ。

せっかく焼いてカリッとした餃子をスープの中に入れてふにゃふにゃにしてしまうのはちょっとなあ・・・。

でもこれが好きって人もいるのだろう・・・なんとか亭の餃子みたいな・・・。

ま、自分の好みはさておき。

今日は初めて訪れたお店で頼むスタンダードメニューではなく食べたいもの選びます。

ショーケースに飾られた見本のメニュー。

もはや最近の街中華でもこのショーケースは見られなくなってしまった。

昼に撮った写真はこちら

素敵!

こんなの店の前にあったら吸い込まれてしまうよね?

外観はTHE街中華。

斜向かいには「焼肉八福」があります。

ご親族で経営されているようで、姉妹店みたいですね。

この「焼肉八福」には子供の頃、親に何度か連れてきてもらった記憶あります。

大人になってから食事したのは一度ぐらいでしょうか。

しかし、この『中華料理 八福』の方は一度も訪れたことがありませんでした。

中に入ると意外と広い店内。

左側に厨房とカウンターがあってカウンターは5−6席あったかと思います。

右側には4人がけテーブル席が三つあり、そこにも4−5席カウンターがあったかと思います・・・記憶が定かじゃないですが。

店内がかなり薄暗いので写真が撮りにくい・・・。

「ホルモン野菜炒め定食」

「ホルモン野菜炒め(680円)」に定食(200円)をつけて、880円です。

照明がスポットライト的なもので、全体に暗いので写真を撮ると影が・・・。

構図の酷さ・・・すみません。

ご飯とスープ、漬物、ポテサラが付きます。

これらは業スーっぽい。

これもまた町中華の醍醐味。

ホルモンはすごく柔らかいわけではないけど、豚のホルモンの硬さはこんなもんだと思います。

お味も町中華の味。

醤油ベースの化調系で。

ご飯が進みます。

肉はそれほど多いとは言えないけど、この値段でこの量なら妥当じゃないでしょうか?

「タンメン」

タンメン(野菜たっぷり塩味)。

メニュー記載によると、野菜たっぷりとありますが、上にのった具も麺も量がすごくあるわけではないですが、味は町中華のお手本の様なお味で美味しいです!

ここもまだまだ試してみたメニューがいっぱい。

ここで一品料理でつまみながら瓶ビールもありですね〜。

町中華で飲ろうぜ〜

今後が楽しみ。

沼津のクラフトビール「Repubrew」お薦めです。

沼津のクラフトビール、ベアードビールもよろしく!

伊豆のわさびやの作ったふりかけとマヨネーズ

awesomeyoh

伊豆地方を拠点として暮らしている おうすけ といいます。
15年ほど過ごした東南アジアから仕事のために帰国。その後コロナが始まり帰ることができず今に至ります。
10代の頃から外国にあこがれ旅をし、20代で東南アジアに拠点を移し、とにかく世界の色々なところを見て色々な文化に触れたいと思い、いくつかの国を訪れました。
東南アジアの独特な雰囲気に魅せられ、文化を調べたり、言語を学んだり、写真に収めたりしてきました。
しかし、日本へ帰国した時ふと思いました。
あんなに興味のなかった日本ってめちゃくちゃいい国じゃん……
もっと日本のこと知りたい、もっともっと日本の行ったことのない場所に行ってみたいと思うようになりました。
2019年、東南アジアから帰国し、始めた仕事で一年ほど伊豆地方全体を回る機会がありました。
伊豆の山奥に突如広がる山葵田(わさびだ)、林と林の間から見える水平線、毎日見ても毎日感動してしまう夕日、小さくても膨大な量の水を吐き出す滝、太陽に照らされて金色に輝く稲田、毎日表情を変える富士山…
伊豆という素晴らしい場所が身近にありながら全く伊豆の事を知らないということに気がつきました。
もっと伊豆の事を知りたい。
伊豆の美味しい食べ物や素敵な場所を自分の目で見て、食して、調べて、そして写真に収めたいと。
そして、おこがましくも日々伊豆地方の観光地や飲食店、宿泊施設で日々奮闘する人々に少しでも貢献できればと思いました。
それでこのブログを立ち上げました。
伊豆のおでかけスポット、グルメ、自然、人々など色々な分野を紹介していけたらと思っています。
伊豆を回って旅する『伊豆活』と称し活動していきます。
時々かつて住んでいた東南アジアの情報などもシェアしていきたいです。
このブログを通して、誰かの日常を特別な非日常にできる事ができたらと思っています。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »