『チェンマイ2日目』①|ハシゴ麺一軒目でタイの麺『クイッティアオ(ก๋วยเตี๋ยว)』について考える

Pocket

二日目は朝から麺をいただく。

チェンマイの朝は遅く、人気店や有名店は昼前にならないと開かない店が多い。

地元の人が仕事に行く前にテイクアウトしたり、さっと食べていく店などは当然あるのだろうけど、観光地エリアの旧市街地近辺にはあまりない。

まずは麺で腹ごしらえして、今日はチェンマイの麺屋さんを回っていこう。

おうすけ

はじめまして「おうすけ」と言います。
このブログでは伊豆や静岡の観光スポット、おすすめグルメ、ランチスポットなど色々な分野を紹介しております。

2023年より、かつて暮らしていたマレーシアに戻ってきました。
今後はしばらく、マレーシアの食や文化、言語について、かつて15年以上マレーシア住んでいた私ならではの視点で紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。時々マレーシア近隣の国へ行くのでそのリポートもします。今回はタイのチェンマイの情報です。

『クイッティアオ(ก๋วยเตี๋ยว)』

若干前の日の酒が残ってる朝はさっぱりとしたスープ系の麺が食べたいおじさんです。

朝は開いてる店が少ないのでちょいと遅めに活動し始めたのですが、それでもやっぱりなかなか開いてる店が少ない。

一軒小さな麺屋さんを発見したので入ってみました。

メニューも英語が書いてあって解りやすい。

『クイッティアオ(ก๋วยเตี๋ยว)』の注文のし方

タイでは麺料理を『クイッティアオ(ก๋วยเตี๋ยว)』という様です。

以前の記事、「マレーシアの麺料理の色々」というシリーズ記事で説明しましたが、マレーシアではクイッティアオというと、米粉で作った平たい麺「粿条 Kueh Teow or Kueh Tiao(グオティアオ)」になりますが、タイでは麺料理全体を『クイッティアオ(ก๋วยเตี๋ยว)』と呼ぶみたいですね。

おそらくこの名前も中国語の粿条(Guǒ Tiáo)からきているような気がしますけどね。

タイの麺料理屋さんもマレーシアと似ていて、麺やスープ、具を選んで注文できます。

マレーシアの麺の種類や注文の仕方はこちら↓の記事で紹介しています。

メニューを見てみますと・・・

二番目のセクションのところに「Noodles」と書かれていて、そこにスープの種類が書かれています。

この店は4種類ほどの味があって、それぞれスープとドライがあります。

私はタイ語わからないのでこの表記だとスープの味の違いはよくわからないので、誰かわかる方教えて下さい。

特に、普通のトムヤムと一番下のトムヤムとエンタフォーの違いがはっきりわからないです。

エンタフォーというのもマレーシアに似た名前の料理があって、由来も同じと考えられます。

しかし、見た目、味は全く違います。

マレーシアの方は「酿豆腐(ヨンドウフゥ)niàngdòuと言います。

以前の記事で「酿豆腐(ヨンドウフゥ)niàngdòuについてちょっと説明していますので、興味ある方は下の記事をご覧下さい。

おそらくルーツは同じ料理だけど、タイでは”エンタフォー”と呼ばれ、マレーシアでは”ヨンドウフゥ”と呼ばれる。

どちらも中国から伝わったと考えられる。

食って本当に興味深いですね〜。

そしてメニューの一枚目の一番下のところに「麺」と書かれています。

メニューに載ってる麺の種類はこんな感じです。

麺の種類
センレック(クイッティアオ)中細米粉麺เล็ก
センヤイ(クイッティアオ)幅広米粉麺ใหญ่
バミー中華卵縮れ麺บะหมี่ 
ギャオワンタンเกี๊ยว
ウンセン緑豆春雨วุ้นเส้น
センゲーオ海藻麺เส้นแก้ว 

タイには他にももっと色々な麺の種類があります。

マレーシアに比べて米粉麺や芋系、海藻系の麺が多いのが特徴ですね。

でも基本的な麺の作り方、原材料はタイもマレーシアも一緒。

やっぱりルーツは中国ですかね。

なんてことを朝から色々考えていたら、どんどん時間が過ぎますわ。

今回注文したのは、中華卵縮れ麺のバミーで、Grilled Red Pork Soupを選びました。

チャーシューが載ったシンプルな麺です。

日本のラーメンと違って味は濃くなく、量も日本のラーメンと比べると半分以下でしょうか。

中華卵縮れ麺は日本の中華の麺そのものです。

チャーシューもさっぱりでマレーシアのワンタンミーに似てます。

味はほぼ一緒だけど、タイの方がスープのストックというか出汁というか、ベースがしっかりしてる。

それに、テーブルにある調味料、5種類ぐらいある調味料で自分でアレンジできるので、多少薄味でも自分好みの味に。

っていうか改めてタイの食も華人の影響を多大に受けているのだなあと改めて感じました。

さて、ここからはレンタルしたバイクで新しい店を開拓しながら、以前通った店の確認作業しながら次の麺屋を探そう。

この朝ごはんの店からそれほど遠くないところに賑わっている店が何軒か並んでいるのを発見。

チェンマイの旧市街のお堀の中のお店は結構制覇したつもりだったけど、こんな有名店を見逃していたとは・・・。

次回、たまたま発見したお店はミシュランの星付き???麺屋を紹介します・・・。

awesomeyoh

伊豆地方を拠点として暮らしている おうすけ といいます。
15年ほど過ごした東南アジアから仕事のために帰国。その後コロナが始まり帰ることができず今に至ります。
10代の頃から外国にあこがれ旅をし、20代で東南アジアに拠点を移し、とにかく世界の色々なところを見て色々な文化に触れたいと思い、いくつかの国を訪れました。
東南アジアの独特な雰囲気に魅せられ、文化を調べたり、言語を学んだり、写真に収めたりしてきました。
しかし、日本へ帰国した時ふと思いました。
あんなに興味のなかった日本ってめちゃくちゃいい国じゃん……
もっと日本のこと知りたい、もっともっと日本の行ったことのない場所に行ってみたいと思うようになりました。
2019年、東南アジアから帰国し、始めた仕事で一年ほど伊豆地方全体を回る機会がありました。
伊豆の山奥に突如広がる山葵田(わさびだ)、林と林の間から見える水平線、毎日見ても毎日感動してしまう夕日、小さくても膨大な量の水を吐き出す滝、太陽に照らされて金色に輝く稲田、毎日表情を変える富士山…
伊豆という素晴らしい場所が身近にありながら全く伊豆の事を知らないということに気がつきました。
もっと伊豆の事を知りたい。
伊豆の美味しい食べ物や素敵な場所を自分の目で見て、食して、調べて、そして写真に収めたいと。
そして、おこがましくも日々伊豆地方の観光地や飲食店、宿泊施設で日々奮闘する人々に少しでも貢献できればと思いました。
それでこのブログを立ち上げました。
伊豆のおでかけスポット、グルメ、自然、人々など色々な分野を紹介していけたらと思っています。
伊豆を回って旅する『伊豆活』と称し活動していきます。
時々かつて住んでいた東南アジアの情報などもシェアしていきたいです。
このブログを通して、誰かの日常を特別な非日常にできる事ができたらと思っています。

2023年3月よりマレーシアの田舎町で暮らすことになりました。
中華系マレーシア人が多い町なので、ここで中国語も勉強しつつ、大都市とはまた違ったマレーシアの文化などを探って、食や言語、文化についての情報をお伝えします。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Translate »