『万里食堂』|伊東川奈の隠れた名店は量も味も最強の食堂だった!

Pocket

はじめまして「おうすけ」と言います。

このブログでは伊豆や静岡の観光スポット、おすすめグルメ、ランチスポットなど色々な分野を紹介していけたらと思っています。

伊豆を回って旅する『伊豆活』と称し活動していきます。

かつて住んでいた東南アジアの情報などもシェアしていきたいとも思っています。

よろしくお願いします。

お勧めしたいけど、でも誰かに教えたくない。

そんなお店、誰しもありますよね?

ずっと前から、ここを発見した時から皆さんにお伝えしたかった。

でも、迷った。

他の人に言いたいけど、言ってしまったらファンが増えて嫌だ。

ただでさえ小さなお店で、人に知れたらもっと混んでしまう。

地元の人には知られているけど、観光地からは離れているし、まだまだ知られていないところだし、知る人ぞ知る的な感じで特別な食堂。

『万里食堂』ついに紹介します!

「万里食堂」とはどんなお店?

この食堂の特徴を挙げるとすれば、「量が多い」「何を食べても美味しい」になるでしょう。

他の方々の評価を見てもこの二つを挙げている方々は多いです。

値段に関してはランチの価格帯としては安いとは言えないですが、この量なら納得のお値段、いやむしろ安いと言えます。

店内は四人掛けテーブルが二つとカウンターに六席。

そう、座席数が少ないのですぐに満席になってしまいます。

駐車場はお店の隣の敷地にありましてかなり広く、10台ぐらいは止められるかと思います。

アクセス&営業時間

店名『万里食堂』
住所〒414-0045 静岡県伊東市玖須美元和田716−216
アクセス伊豆急行 川奈駅から徒歩18分(1.4km) 車5分
電話番号055-736-5569
営業時間11時00分~14時30分
17時00分~21時00分
定休日月曜日
駐車場あり 店横に10台ほど。
公式情報なし

メニュー

まずは麺類。

マーボー麺がおすすめの様です。

塩ラーメン、味噌ラーメン、サンマー麺もいいらしい。

しかしここにきたらまずは定食だ!

いや、全部食いたい・・・。

チャーハンも量があって美味いらしいのよね。

いやーここのサイドメニューで飲み会したいな・・・。

さー初回は何を行くか⁉️

実際食べてみたら?

初回はやはり、大好きなホルモンでいこう。

「ピリ辛ホルモン定食」に決定!

注文後に待っていると隣の常連らしき若者がチャーハンを注文。

大将が作り出した。

めちゃくちゃ美味そうや!

しかも量がすご!

隣の若者もペロッと食べてたけども。

いやーチャーハンもありや〜。

次回のお楽しみ。

まだ食べてもいないのに次は何を食べようかと考えていると・・・。

ピリ辛ホルモンきた!

飯の量!

全てが大きいのでサイズが分かりにくいですが、ホルモンも量がありますよ!

まずは味噌汁を一口。

この味噌汁が旨いのです・・・。

出汁がめっちゃ効いとる。

塩分強めですが、私は大好きです。

毎朝しっかり出汁をとって仕込むのかなあ・・・。

さてホルモンいってみよう。

あぁぁぁ・・・。

うまい・・・っす。

ホルモンが柔らかい・・・。

味付けも最高!

箸が止まらん!

飯が止まらん!

これは他のメニューへの期待が高まる。

ホルモンがこれほどのレベルなら他のもヤバいに違いない。

絶対また来よう!

お店は狭く、ランチタイムは次から次へとお客さんが来て、ゆっくりはしていられません。

換気はされているのですが、エアコンがないのかな?初夏や春でも暑い日は店内が暑くて汗かきまくります。

ハンカチ、タオルお忘れなく。

旨辛チキン定食と生姜焼き定食

そして、その後友人を連れて再訪。

今回は、他の人がかなりお薦めしていた、『旨辛チキン定食』に決定。

友人は、『生姜焼き定食』に。

なんすかこれ?めちゃくちゃ美味そうじゃないっすか!

一口サクッと。

衣にしっかり甘辛なタレがついていて味がしっかり。

それにマヨと白胡麻。

酒のつまみに最高じゃないこれ?

正直、濃い味好きの私にもかなり濃いと感じた濃いめの味付けです。

特に衣がタレをがっつり吸い込んでるせいもあるのかな?

でもその濃いめの味付けがメシが進み、サケが進むのです!(ここでお酒飲んだことないけど)。

道理で職人さんが多いわけだ。

薄味好きな方はちょっと濃すぎるかも知れないですね。

隣の友人の生姜焼きを一枚頂いた。

肉一枚がでか!

肉が5枚も入ってる。

友人は盲腸の手術明けで、量が食べれなかったらしく、この量を見て私に肉一枚くれました。

ご飯の量もすごいですよ。

まあこの肉も柔らかいんですわ。

ホルモンといい、生姜焼きの豚肉といい、鶏肉といい、下処理をしっかりされているのか、全て肉が

柔らかい。

この日も賑わっておりました。

相変わらず味噌汁が美味かった!

ついに念願のマーボー麺を食す

それから数ヶ月後、いつも訪問するたびにメニューにお薦めしてある『マーボー麺』が気になっていた。

辛!旨!早!ってメニューには書いてあります。

周りのお客さん達も注文している方が多い。

いつもこれにしようか?と悩んで、量の多い定食にしてしまう。

しかし、今日は定食でがっつり食べたいほどお腹も空いていない。

ならばついに、このチョイスをする時がきた。

「マーボー麺ください!」

さあ、どんなマーボー麺がやってくるのか?

マーボー麺と言っても色々ある。

上に載ってる麻婆が甘いもの、辛いもの、四川風の花椒,五香粉,麻辣が効いたものまで多種多様。

下のラーメンの味によってもかなり変わってくる。

日本人は甘くて、ドロッとしたのが好きですよね。

着ました!

まず、美しいですね。

豆腐も多めで大きいのがゴロゴロ入ってる。

お味は辛め。

結構辛めで、辛いのが苦手な人はやめた方がいいかも。

私は・・・

大好き😍

最高の味付けです。

やっぱり味は濃いめかな。

麺はこんな感じ

量も結構あるんですわ。

だって上にしっかり麻婆豆腐が載ってるから。

麺は細麺ストレート。

大盛りではないですが麺も結構入ってます。

本来ならここでライスを注文して麻婆麺汁にそいつをぶち込んで追い飯したい!

しかし、すでに麻婆の辛さと餡の熱さ、それに店内の熱気で汗ダクダク。

これ以上店の中にいたら尋常じゃない汗をかくに違いない。

次に待ってるお客さんも外で待っていましたし、諦めて汁を掻き込んで退散。

大満足です。

皆さんに紹介しましたが、絶対に行かないでください!(笑)

絶対また来よう!

沼津のクラフトビール「Repubrew」お薦めです。

沼津のクラフトビール、ベアードビールもよろしく!

伊豆のわさびやの作ったふりかけとマヨネーズ

awesomeyoh

伊豆地方を拠点として暮らしている おうすけ といいます。
15年ほど過ごした東南アジアから仕事のために帰国。その後コロナが始まり帰ることができず今に至ります。
10代の頃から外国にあこがれ旅をし、20代で東南アジアに拠点を移し、とにかく世界の色々なところを見て色々な文化に触れたいと思い、いくつかの国を訪れました。
東南アジアの独特な雰囲気に魅せられ、文化を調べたり、言語を学んだり、写真に収めたりしてきました。
しかし、日本へ帰国した時ふと思いました。
あんなに興味のなかった日本ってめちゃくちゃいい国じゃん……
もっと日本のこと知りたい、もっともっと日本の行ったことのない場所に行ってみたいと思うようになりました。
2019年、東南アジアから帰国し、始めた仕事で一年ほど伊豆地方全体を回る機会がありました。
伊豆の山奥に突如広がる山葵田(わさびだ)、林と林の間から見える水平線、毎日見ても毎日感動してしまう夕日、小さくても膨大な量の水を吐き出す滝、太陽に照らされて金色に輝く稲田、毎日表情を変える富士山…
伊豆という素晴らしい場所が身近にありながら全く伊豆の事を知らないということに気がつきました。
もっと伊豆の事を知りたい。
伊豆の美味しい食べ物や素敵な場所を自分の目で見て、食して、調べて、そして写真に収めたいと。
そして、おこがましくも日々伊豆地方の観光地や飲食店、宿泊施設で日々奮闘する人々に少しでも貢献できればと思いました。
それでこのブログを立ち上げました。
伊豆のおでかけスポット、グルメ、自然、人々など色々な分野を紹介していけたらと思っています。
伊豆を回って旅する『伊豆活』と称し活動していきます。
時々かつて住んでいた東南アジアの情報などもシェアしていきたいです。
このブログを通して、誰かの日常を特別な非日常にできる事ができたらと思っています。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »