『松乃木飯店』(まつのきはんてん)|坦々麺が人気の松乃木飯店で真っ黒い坦々麺食べてきた

Pocket

今回ご紹介のお店は伊豆からだいぶ離れた袋井。

昭和53年に創業した中国四川料理のお店『松乃木飯店』(まつのきはんてん)さん。

ここの「坦々麺」が人気なのだそうです。

四川料理は中国四大料理の中でも日本で最も人気のある中国料理ではないでしょうか?

日本でも人気があり家庭でも食べられている坦々麺、麻婆豆腐、回鍋肉(ホイコーロー)、青椒肉絲(チンジャオロースー)などは四川料理です。

しかし、この日本の四川料理も日本人の味覚に合わせ進化し続けている。

以前はやはり本場の刺激的な香辛料が使われた味は日本人の中には苦手な人も多かった。

しかし、日本でも山椒の実の一種である「花椒(ホァージャオ)」を使った、痺れて辛い「麻辣(マーラー)」味が浸透してきて、日本の飲食店などで提供される四川料理も本場の味に近づいてきたものも多くある。

スーパーでも「花椒(ホァージャオ)」が売られていたり、「麻辣(マーラー)」味の麻婆豆腐などが売られいて、多くの日本人の味覚の幅も広がってきた。

そんな昨今、「中国四川料理」と本場感を漂わせる看板を掲げている『松乃木飯店』(まつのきはんてん)さんは果たして本場の味を追求した中国四川料理店なのか、はたまた日本人の舌に合わせて進化した四川料理店なのか?

実際に試してみました!

はじめましておうすけと言います。

このブログでは伊豆や静岡の観光スポット、おすすめグルメ、ランチスポットなど色々な分野を紹介していけたらと思っています。

伊豆を回って旅する『伊豆活』と称し活動していきます。

かつて住んでいた東南アジアの情報などもシェアしていきたいとも思っています。

よろしくお願いします。

アクセス&営業時間

店名『松乃木飯店(まつのきはんてん)』
住所〒437-0066 静岡県袋井市山科3224-2
アクセス袋井インターチェンジから車で1分
電話番号053-843-3398
営業時間11:00~14:25
17:00~21:55
定休日月曜日
駐車場店舗前に20台ほど、第二駐車場にも10台ほど
公式情報https://www.facebook.com/matunokihantenn
https://ldbyq.crayonsite.com/
※営業時間・定休日が記載と異なる場合がございます。ご来店時は事前に店舗にご確認ください。

メニュー

値段は2022年6月のものです。物価高騰の影響で値段の変更があるかもしれません。

確かにメニューは四川料理が多い。

「黒胡麻坦々麺」実食

時間は時間は12:30頃。

店内は広く沢山の人が座れますが席がほとんど埋まっている感じ。

安いランチもあるので人気です。

駐車場も広いのに沢山の車が。

この日は土曜日。

中国人のスタッフさんたちが忙しそうに働いていましたが、混んでいるからなのか、注文をしようと呼んでもなかなか来てくれない。

スタッフさん達の注意を引こうと手を上げてもスタッフさん達が近くを通らない笑。

これは土曜日のランチだからなのでしょうか?

そう願いたい。

せっかく『松乃木飯店』に来たのだから、『坦々麺』を食べます。

珍しいので黒胡麻の方を選択。

辛さは並辛で。

ランチタイムは50円プラスミニ炒飯ミニ麻婆丼白飯が追加できます。

ならばやはり四川料理の麻婆で。

到着!

黒い!

胡麻の香りが漂ってきました。

なぜかワカメがちょこん・・・。

これはちょっと要らないような・・・。

盛り付けの色味のためのワカメなのでしょうか?

スープを掬う用のお玉とスープの底に沈んだ挽肉を掬うお玉が二つ提供されます。

味は黒胡麻の香ばしい香りが効いていて濃厚。

塩味も比較的濃いめです。

本場中国の痺れるような辛さはなく、辛さも辛いの好きな方には物足りない辛さかもしれません。

麺は加水多めのツルツルした麺です。

底に沈んだ挽肉やネギを穴の開いた蓮華で掬います。

「ミニ麻婆丼」実食

ミニ麻婆丼は甘めのTHE日本人に合わせた麻婆の日本代表みたいな感じの味です。

この味みんな好きなんでしょうなあ。

子供や若い人でも食べれるそんな麻婆。

当然日本でやっている限り大半の日本人の好みの味に合わせるのが無難であり、集客もあるでしょう。

『松乃木飯店』(まつのきはんてん)さんも日本人好みの味に進化させた四川料理店と言えるではないでしょうか。

そもそも坦々麺も本場四川では汁に入っているのではなく、いわゆる日本でいう汁なし坦々麺みたいな感じですしね。

坦々麺と麻婆豆腐しか食べていないので、もっと他のメニューも試してみたいです。

awesomeyoh

伊豆地方を拠点として暮らしている おうすけ といいます。
15年ほど過ごした東南アジアから仕事のために帰国。その後コロナが始まり帰ることができず今に至ります。
10代の頃から外国にあこがれ旅をし、20代で東南アジアに拠点を移し、とにかく世界の色々なところを見て色々な文化に触れたいと思い、いくつかの国を訪れました。
東南アジアの独特な雰囲気に魅せられ、文化を調べたり、言語を学んだり、写真に収めたりしてきました。
しかし、日本へ帰国した時ふと思いました。
あんなに興味のなかった日本ってめちゃくちゃいい国じゃん……
もっと日本のこと知りたい、もっともっと日本の行ったことのない場所に行ってみたいと思うようになりました。
2019年、東南アジアから帰国し、始めた仕事で一年ほど伊豆地方全体を回る機会がありました。
伊豆の山奥に突如広がる山葵田(わさびだ)、林と林の間から見える水平線、毎日見ても毎日感動してしまう夕日、小さくても膨大な量の水を吐き出す滝、太陽に照らされて金色に輝く稲田、毎日表情を変える富士山…
伊豆という素晴らしい場所が身近にありながら全く伊豆の事を知らないということに気がつきました。
もっと伊豆の事を知りたい。
伊豆の美味しい食べ物や素敵な場所を自分の目で見て、食して、調べて、そして写真に収めたいと。
そして、おこがましくも日々伊豆地方の観光地や飲食店、宿泊施設で日々奮闘する人々に少しでも貢献できればと思いました。
それでこのブログを立ち上げました。
伊豆のおでかけスポット、グルメ、自然、人々など色々な分野を紹介していけたらと思っています。
伊豆を回って旅する『伊豆活』と称し活動していきます。
時々かつて住んでいた東南アジアの情報などもシェアしていきたいです。
このブログを通して、誰かの日常を特別な非日常にできる事ができたらと思っています。
Amazonのアソシエイトとして、当ブログは適格販売により収入を得ています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »