『明洞食堂』|新東名清水NEOPASAにある韓国食堂の「スンドゥブラーメン」がアツアツの激うま!

Pocket

高速道路のパーキングエリア、サービスエリアってテンション上がりますよね?

ご当地ものや、そこでしか味わえない珍しいものが売っていたりして。

新東名の清水サービスエリアNEOPASAも面白いお店がいっぱいです。

バイク用品のお店「KUSHITANI PERFORMANCE STORE」や クシタニとヒルマン佐藤シェフがプロデュースする日本初の高速道路にオープンするバイカーズカフェ 「KUSHITANI CAFE」があったり、

バイクレンタルショップ「レンタル819 NEOPASA清水」もありバイカー達が集います。

「ドンキホーテ」の道の駅版「ミチドンキ」やTHE NORTHFACEやadidasのアパレル・バッグ・シューズなどトレンドをおさえた商品を取り揃えている「31BRIGHT」などもあります。

ここでぜひ食べて頂きたいのが、『明洞食堂』「スンドゥブラーメン」です!

韓国ドラマ、韓国アイドル、韓国料理が浸透した昨今、「明洞」という名前も「スンドゥブ」という料理名も、もう説明はいらないでしょう!

私は韓国料理店を目指して食べに行くというのはあまりないのですが、スンドゥブぐらいは知ってますし、作ったりもしたことがあります。

なんなら今日も写真見て急に食べたくなり、作ってしまいました!

韓国には行ったことあるのですが、実は本場のスンドゥブは食べたことはありません。

なので、これが本場の味かどうかはわかりません・・・がしかし!バチうまい!

この「新東名清水NEOPASA」に立ち寄ったら是非食べて頂きたい!

アクセス&営業時間

店名『明洞食堂』
住所〒424-0302 静岡県静岡市清水区小河内885−1
アクセス新東名の清水サービスエリアNEOPASA内
電話番号054-360-2122
営業時間9時00分~21時00分
定休日なし
駐車場新東名の清水サービスエリアNEOPASA駐車場
公式情報なし

メニュー

食券を買うシステム。

写真付きだからわかりやすいですが、どれにしようか迷っていると後ろのお客さんのプレッシャーが・・・。

やっぱりこの「スンドゥブ」人気NO.1!

旨そうだなあ。

「スンドゥブ」には全て16穀米が付きます。

ガッツリ食べたい方には、「スンドゥブラーメン (1,180円)」がお勧めです。

これにも16穀米がついて来ます!

これに決定!

スンドゥブラーメン 」&「16穀米」

はい、到着〜。

生玉子というか半熟卵というか、白身だけ固まった半々熟玉子か・・・めちゃくちゃ旨そう!

辛さは3段階、「普通」「中辛」「大辛」から選べます。

辛さの感覚なんて人それぞれなので、皆さんにとって「普通」がどれぐらいか、わかりませんが・・・。

私は「中辛」にしましたが、そこまで辛くはなかったです。

16穀米は黒胡麻、白胡麻、黒豆などが確認できますが、16種類全てが何かはわかりませんでした。

こんな感じです〜。

スンドゥブラーメン 」にはあさり、

エビ

ホタテや豚肉、豆腐などが入っていてスープに出汁が出まくっていい味になっております。

そして何と言ってもこのラーメンの麺!

ちょっと太めで弾力のあるモチモチした麺。

これは最高だわ。

麺がすぐにおわってしまった、がしかし、まだ16穀米がある。

それを口に放り込んで、スープを流し込む・・・。

至極の時です。

ちなみにラーメンではなく、スープだけの「スンドゥブ (860円)」もありますが、それにも16穀米がついて来ます。

16穀米飯をぶち込んでもいいかも!

「スンドゥブラーメン (1,180円)」に牡蠣が入った「牡蠣スンドゥブラーメン (1,280円)」もあります〜

ミニサムゲタンラーメン 」&「プルコギキンパ」

後日、またこの「スンドゥブラーメン (1,180円)」が食べたくなってやってきてしまった。

しかし、いつもの様に他のメニューに気移り。

サムゲタンはどんな感じなのだろう?

しかし、サムゲタンラーメンには16穀米が付かないようだ・・・。

その隣に「ミニサムゲタンラーメン &「プルコギキンパ」というメニューがあるではないか!

これならお腹も満たされるかも。

ミニサムゲタンラーメン 」がどれほどミニなのかはわからないが、4つもキンパがついてくるならいいだろう。

ということで「ミニサムゲタンラーメン &「プルコギキンパ」(990円)に決定

ミニサムゲタンラーメン 」はやっぱり小さめで麺が結構少なめ。

キンパは結構色々なものが詰めてあります。

プルコギはほとんど入ってない様な感じかな。

でも色々な野菜が取れていいかも。

サムゲタンには鶏肉が載ってます。

スンドゥブの時の麺とちょっと違うように感じたのですが気のせいかな?

こっちの方が細麺で加水少なめに感じましたがどうなんでしょう??

クコの実が入っていて身体にも良さそう。

スープにもうちょっとパンチがあってもいいかもですが、美味しかったです。

でもやっぱりちょっと量は物足りなかったかな。

ここのサービスエリア、他にも美味しそうなお店いっぱいあります。

「宮武讃岐製麺所」

「宮武讃岐製麺所」は味も美味しいし値段もリーズナブルで結構お腹いっぱい食べれます。

「丸亀製麺」と同じで揚げ物トッピングがいくつか選べます。

今回は「牛丼とうどん」というセットメニューを選択し、そこに揚げ物を追加しました。

でもせっかくの讃岐うどんが若干茹で過ぎで柔らか過ぎでした・・。

二回ともそうだったので、ちょっと残念。

これってこれがスタンダードな茹で時間なのか?それとも茹でている人のミスか・・・。

「伝説のすた丼屋」

「伝説のすた丼屋」もあります。

「すたみな丼&すたみな唐揚げセット」

唐揚げは大きくて味も濃いめ。

ニンニクが効いてます。

これに生卵と豆板醤をのせて。

「すたみな焼き定食のミニラーメンセット」

がっつり食べたい人にはおすすめです!

と言っても、基本のサイズはそれほど量が多いわけでもありません!

飯増し、メガ盛り、ミニセットなどのオプションで量が増やせます。

ここのラーメンも伸びとる・・・。

まあサービスエリアですからね、値段は多少高くて、味はソコソコが基本かもしれないですね。

でもその中でも、『明洞食堂』の「スンドゥブラーメン」はお薦めですよ!

沼津のクラフトビール「Repubrew」お薦めです。

沼津のクラフトビール、ベアードビールもよろしく!

伊豆のわさびやの作ったふりかけとマヨネーズ

awesomeyoh

伊豆地方を拠点として暮らしている おうすけ といいます。
15年ほど過ごした東南アジアから仕事のために帰国。その後コロナが始まり帰ることができず今に至ります。
10代の頃から外国にあこがれ旅をし、20代で東南アジアに拠点を移し、とにかく世界の色々なところを見て色々な文化に触れたいと思い、いくつかの国を訪れました。
東南アジアの独特な雰囲気に魅せられ、文化を調べたり、言語を学んだり、写真に収めたりしてきました。
しかし、日本へ帰国した時ふと思いました。
あんなに興味のなかった日本ってめちゃくちゃいい国じゃん……
もっと日本のこと知りたい、もっともっと日本の行ったことのない場所に行ってみたいと思うようになりました。
2019年、東南アジアから帰国し、始めた仕事で一年ほど伊豆地方全体を回る機会がありました。
伊豆の山奥に突如広がる山葵田(わさびだ)、林と林の間から見える水平線、毎日見ても毎日感動してしまう夕日、小さくても膨大な量の水を吐き出す滝、太陽に照らされて金色に輝く稲田、毎日表情を変える富士山…
伊豆という素晴らしい場所が身近にありながら全く伊豆の事を知らないということに気がつきました。
もっと伊豆の事を知りたい。
伊豆の美味しい食べ物や素敵な場所を自分の目で見て、食して、調べて、そして写真に収めたいと。
そして、おこがましくも日々伊豆地方の観光地や飲食店、宿泊施設で日々奮闘する人々に少しでも貢献できればと思いました。
それでこのブログを立ち上げました。
伊豆のおでかけスポット、グルメ、自然、人々など色々な分野を紹介していけたらと思っています。
伊豆を回って旅する『伊豆活』と称し活動していきます。
時々かつて住んでいた東南アジアの情報などもシェアしていきたいです。
このブログを通して、誰かの日常を特別な非日常にできる事ができたらと思っています。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »