『夢珉(ムーミン)』| 創業の45年前当初から変わらぬこだわり抜いたスープのラーメン

Pocket

食品衛生責任者の講習を受けに沼津の労政会館へ。

昼の休憩時間に近くでランチ。

昼の休憩が45分しかないので一番近くのラーメン屋へ。

『夢珉』さん。

学生時代この近所に溜まり場があり、ここはよく前を通って知っていたのですが、それほど行った記憶もなく学生時代なので味を全く覚えていない。

その当時、確か結構ファンが多くて、ここにラーメンよく食べにくるなんて人の話もよく聞いていた。

でもネットで検索するとあまり情報は出ていない様です。

食べてみたら昔を思い出すかも!ということで突撃。

はじめまして「おうすけ」と言います。
このブログでは伊豆や静岡の観光スポット、おすすめグルメ、ランチスポットなど色々な分野を紹介していけたらと思っています。
伊豆を回って旅する『伊豆活』と称し活動していきます。
かつて住んでいた東南アジアの情報などもシェアしていきたいとも思っています。
よろしくお願いします。

夢珉』とはどんなお店?

夢珉』さんは現在2023年で創業45年ほどの老舗です。

以前は沼津の南口にも南店があった様ですが、現在は閉店しています。

今回時間がなかったのでお店の方とお話ししていませんが、ネット情報によると、北海道から直送された細麺と「豚」「鶏」「煮干し」からダシをとったスープがこだわりだそうです。


味は「とんこつ」「醤油」「塩」3種類から選べ、創業当初から変わらぬこだわり抜いたスープです。

これは楽しみですね〜

時間がないので早よ食べます!

メニュー

ランチメニューやおすすめなどが色々と壁に貼ってあるんですが・・・・

メニュー全体を知るのには若干見にくい様な・・・。

時間がないせいもあって焦っているのか、メニューの全体が把握できず焦る・・・。

普通メニューってスタンダードな醤油とか塩とかが最初に書かれているものですが、むーみんラーメンが最初に書かれているので、これがスタンダードメニューかと思ったら下の方に普通の醤油とか味噌とかもある。

この最初に見たメニュー以外にシンプルなメニューがあるのだろうか?

自分が慌てて見逃したのか・・・な?

まずは普通メニューを見て左上に書いてあるのがお勧めであり、スタンダードメニュー、人気メニューとなるはず。

なるほど A、B、Cのセットがあるということかな?

「写真はAセット」と書かれているけど、ではBとCはどんなセットなんだろう?

どこかに書かれているのだろうけど、焦っているのでわからない笑

とりあえずは左上にあるし、「日替わり麺ランチ」というものを注文しようかと思ったけど、その日替わり麺はなんなんだろう・・・・。

そしてよく見ると右下に「とくとくセット」800円なるものがある笑

どっちが推し???

どーゆーこと??

いやあ混乱する。

よし、もうよくわからないので「ラーメン&チャーハンセット」にしよう!

持ち帰りメニューも色々ありますね〜。

注文後に壁を見渡したけど、情報量が多くてますます混乱・・・。

とにかく静かにラーメンを待とう。

「ラーメン&チャーハン セット」

お〜

予想していた外観とだいぶ違う感じで驚き。

クリアではなくちょっと濁りがあって醤油豚骨ラーメンみたいな色のスープです。

チャーシューやメンマ海苔も控えめ。

チャーハンは逆に主張してます!

まずはラーメンの麺をチェック。

ちょうど良い細麺、硬さじゃないでしょうか?

北海道から直送された細麺だそうですよ!

あの北海道の「西山製麺と」いう噂が。

スープです。

胡麻が振ってあります。

ズズズっ・・・

むむむっ・・・?

これは今までにあまり食べたことのない味がします。

なんでしょう?

自分の味覚が貧相でなんの味かがわかりませんでしたが、何か今までに食べたことのない味がします。

表面はかなり油の膜が張ってます。

豚骨、鶏ガラ、煮干しでしょうか。

しかし何かそれだけではない様な・・・。

急いでいたのであまりじっくり味わえませんでしたが。

チャーハン。

結構パラパラで味も濃いめで美味しかったです!

意外とさっぱりでした。

店内にはそれほどお客さんはいなかったですが、ちょっと提供には時間がかかりました。

座席数は、テーブル4名席×1卓、6名席×1卓、小上がり座敷 4名席×3組、カウンター席 10席

味噌ラーメンが一番人気らしいです。

他にも食べてみたいメニューが沢山あるのでまた来たいと思います。

アクセス&営業時間

店名『夢珉』
住所〒410-0057 静岡県沼津市高沢町12−25
アクセスJR沼津駅北口から、徒歩8分
電話番号055-922-5000
営業時間11時00分~14時30分
17時00分~21時30分(日曜日のみ21時まで)
定休日不定休
駐車場有り(店舗前)
公式情報なし
※営業時間・定休日が記載と異なる場合がございます。ご来店時は事前に店舗にご確認ください。

awesomeyoh

伊豆地方を拠点として暮らしている おうすけ といいます。
15年ほど過ごした東南アジアから仕事のために帰国。その後コロナが始まり帰ることができず今に至ります。
10代の頃から外国にあこがれ旅をし、20代で東南アジアに拠点を移し、とにかく世界の色々なところを見て色々な文化に触れたいと思い、いくつかの国を訪れました。
東南アジアの独特な雰囲気に魅せられ、文化を調べたり、言語を学んだり、写真に収めたりしてきました。
しかし、日本へ帰国した時ふと思いました。
あんなに興味のなかった日本ってめちゃくちゃいい国じゃん……
もっと日本のこと知りたい、もっともっと日本の行ったことのない場所に行ってみたいと思うようになりました。
2019年、東南アジアから帰国し、始めた仕事で一年ほど伊豆地方全体を回る機会がありました。
伊豆の山奥に突如広がる山葵田(わさびだ)、林と林の間から見える水平線、毎日見ても毎日感動してしまう夕日、小さくても膨大な量の水を吐き出す滝、太陽に照らされて金色に輝く稲田、毎日表情を変える富士山…
伊豆という素晴らしい場所が身近にありながら全く伊豆の事を知らないということに気がつきました。
もっと伊豆の事を知りたい。
伊豆の美味しい食べ物や素敵な場所を自分の目で見て、食して、調べて、そして写真に収めたいと。
そして、おこがましくも日々伊豆地方の観光地や飲食店、宿泊施設で日々奮闘する人々に少しでも貢献できればと思いました。
それでこのブログを立ち上げました。
伊豆のおでかけスポット、グルメ、自然、人々など色々な分野を紹介していけたらと思っています。
伊豆を回って旅する『伊豆活』と称し活動していきます。
時々かつて住んでいた東南アジアの情報などもシェアしていきたいです。
このブログを通して、誰かの日常を特別な非日常にできる事ができたらと思っています。
Amazonのアソシエイトとして、当ブログは適格販売により収入を得ています。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »