『中華料理 朋友(ぽんゆう)』|修善寺の人気町中華でノスタルジックなラーメンをすする

Pocket

今大河ドラマの「ゆかりの地」として話題の修善寺。

今回ご紹介する町中華は、修善寺の駅から徒歩でもそれほど遠くない、東伊豆と中伊豆との連絡道路として大きな役割を果たしている静岡県道12号伊東修善寺線にある。

修善寺に来たら誰もが目にする赤色が特徴的な「修善寺橋」があるが、それが見えたらもう近い。

今日の伊豆町中華は・・・・

『中華料理 朋友(ぽんゆう)』さんです!

きっと修善寺から伊東修善寺線を通って伊東方面へ行かれたことがある方はこの看板を目にしたことがあるのではないでしょうか?

THE町中華にふさわしいノスタルジックな佇まい。

見慣れない中国語。

その佇まいがこれです!

この近辺に住んでいる方なら一度は入ってみたい!と思ったことがあるはず。

いやもうこの辺の住民は常連に違いない。

孤独のグルメの原作者、久住昌之さんが書いているコラムが連載されている「おとなの週末」という雑誌の「久住昌之の勝負の店」というコラムにこの「朋友」さんの記事が掲載された様です。

朋友(ぽんゆう)とは中国語で友達という意味です。

この中国語の読みを日本語のひらがなで表記すると、(ぽんゆう)よりも(ぽんよう)の方が近いかもしれません。

でも日本語では「友」は「ゆう」と読みますから、店主もわかりやすいと思いこのような表記にしたのかも。

貴方もここのラーメンを食べたら、もう朋友(ぽんゆう)ですよ!

はじめましておうすけと言います。

このブログでは伊豆や静岡の観光スポット、おすすめグルメ、ランチスポットなど色々な分野を紹介していけたらと思っています。

伊豆を回って旅する『伊豆活』と称し活動していきます。

かつて住んでいた東南アジアの情報などもシェアしていきたいとも思っています。

よろしくお願いします。

アクセス&営業時間

店名『中華料理 朋友(ぽんゆう)』
住所〒410-2407 静岡県伊豆市柏久保500
アクセス伊豆箱根鉄道修善寺駅から徒歩5分
電話番号055-872-5011
営業時間11:00~14:00
定休日木曜日
駐車場店舗前に14台
公式情報なし
※営業時間・定休日が記載と異なる場合がございます。ご来店時は事前に店舗にご確認ください。

メニュー

このメニューの写真なんですが、2022年4月ぐらいの写真で、最近(2022年8月)値段が上がった様です。

このメニューは変更前のお値段

このメニューには営業時間も書かれていますがGoogle Mapによると営業時間が最近変更されてお昼のみ様です。

昼営業のみになってしまったのは店主が高齢だから、はたまた働き手が少なくなったのでしょうかね・・・詳細は不明ですが。

この様な町中華の営業時間が短くなってしまうのは残念ですね。

このメニューは変更前のお値段

変更後の定食屋セット類は100円増しで、他のメニューは全体的に50円増になった様です。

これも物価高騰の影響ですので致し方ない。

それでもラーメンセットがお得です。

こちらのお店は麺にもこだわっていらっしゃいます!

スープによって「中太手もみ麺」「細ちぢれ麺」を使い分けている様です。

こだわってますね〜。

ただの町中華じゃないなこれは。

「タンメン」&「半炒飯」実食

このタンメンがまたTHE町中華のタンメンのお手本の様な見た目で。

見ただけで、もやしや野菜のシャキシャキ感が伝わりますね。

野菜と豚肉の旨味が流れ込んだ半透明のスープは五臓六腑に染み渡る。

上に乗った野菜炒めの量も多く男性でも満足できる量です。

麺は確か、「細ちぢれ麺」だったと思います。

これまたお手本の様な炒飯で。

お米一粒一粒を脂がコーティングしてパラパラ。

これぞ炒飯ですね。

「ネギチャーシュー丼セット」実食

「ネギチャーシュー丼セット」とはネギチャーシュー丼にラーメンがついたセットです。

麺は「細ちぢれ麺」ですね。

これまたお手本の様なラーメン。

これぞノスタルジックなラーメン!

蓮華でいちいちすくって透明度を確認。

スープが綺麗・・。

このスープの表面に光り輝く無数の脂の玉よ!

これがまた我々舌に絡みつき幸福感を与えてくれるのだ。

懐かしい味。

チャーシュー丼も届きましたよ。

小口ネギがたっぷり。

ネギ達を満遍なく散りばめて、中のチャーシューと長ネギの和え物を曝け出す。

小口ネギと長ネギのハーモニー。

小口ネギの香りと、長ネギの辛みの絡み。

こいつをひとくち口に頬張って、町中華のラーメンスープで流し込む。

口福です!

あーこんな町中華が近所にあったらなあ。

ここで(町中華)で飲ろうぜしたくなるなあ。

これからどんどん物価が高騰して、こんな安価な町中華もどんどん減っていくのだろうか・・・・。

悲しいなあ・・・・。

後から知ったのですが、「特製味噌ラーメン」というのがここの人気メニューだそう・・。

また食べに来なければ・・・!

awesomeyoh

伊豆地方を拠点として暮らしている おうすけ といいます。
15年ほど過ごした東南アジアから仕事のために帰国。その後コロナが始まり帰ることができず今に至ります。
10代の頃から外国にあこがれ旅をし、20代で東南アジアに拠点を移し、とにかく世界の色々なところを見て色々な文化に触れたいと思い、いくつかの国を訪れました。
東南アジアの独特な雰囲気に魅せられ、文化を調べたり、言語を学んだり、写真に収めたりしてきました。
しかし、日本へ帰国した時ふと思いました。
あんなに興味のなかった日本ってめちゃくちゃいい国じゃん……
もっと日本のこと知りたい、もっともっと日本の行ったことのない場所に行ってみたいと思うようになりました。
2019年、東南アジアから帰国し、始めた仕事で一年ほど伊豆地方全体を回る機会がありました。
伊豆の山奥に突如広がる山葵田(わさびだ)、林と林の間から見える水平線、毎日見ても毎日感動してしまう夕日、小さくても膨大な量の水を吐き出す滝、太陽に照らされて金色に輝く稲田、毎日表情を変える富士山…
伊豆という素晴らしい場所が身近にありながら全く伊豆の事を知らないということに気がつきました。
もっと伊豆の事を知りたい。
伊豆の美味しい食べ物や素敵な場所を自分の目で見て、食して、調べて、そして写真に収めたいと。
そして、おこがましくも日々伊豆地方の観光地や飲食店、宿泊施設で日々奮闘する人々に少しでも貢献できればと思いました。
それでこのブログを立ち上げました。
伊豆のおでかけスポット、グルメ、自然、人々など色々な分野を紹介していけたらと思っています。
伊豆を回って旅する『伊豆活』と称し活動していきます。
時々かつて住んでいた東南アジアの情報などもシェアしていきたいです。
このブログを通して、誰かの日常を特別な非日常にできる事ができたらと思っています。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »