『チェンマイ3日目』③|外を眺めながら七輪と炭で焼いた肉をつまみながら飲む「チェンマイホルモン」

Pocket

外国に行ったらわざわざ日本食屋さんで日本食を食べたりしないですよね?

日本で食べた方が美味しいし、せっかく外国に来たんだから現地の食べ物を食べたいと思いますよね?

でも今回紹介するお店は旅行で来ていたとしても、絶対に行って欲しいお店です。

前回の記事で紹介した市場「ターニン市場」から近い『チェンマイホルモン』さんへ。

2016年にチェンマイを訪れた時に、現地の日本人の方のネット情報を見て初訪問。

その時は特に焼肉が食べたかったわけではなくて、安くて美味しい居酒屋メニューが食べれる店、生ビールが安く飲める店として紹介されていたので行ってみることに。

これが本当に安くて、美味しくて、日本人が好きなメニューがいっぱい!

コロナ禍で閉業したり、お客が減ってしまったお店も多いチェンマイでまだ営業しているのか心配でしたが、Googleマップで調べるとまだやっていそう。

ぜひ今回も行ってみようということで突撃しました!

おうすけ

はじめまして「おうすけ」と言います。
このブログでは伊豆や静岡の観光スポット、おすすめグルメ、ランチスポットなど色々な分野を紹介しております。

2023年より、かつて暮らしていたマレーシアに戻ってきました。
今後はしばらく、マレーシアの食や文化、言語について、かつて15年以上マレーシア住んでいた私ならではの視点で紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。時々マレーシア近隣の国へ行くのでそのリポートもします。今回はタイのチェンマイの情報です。

『チェンマイホルモン』とはどんなお店?

初めて訪問した時は、オープンして3年ぐらいだった様ですが、比較的現地の日本人の駐在の方や年配のセカンドライフのおじさんなどがちらほらいる感じでした。

現地のタイ人はそこまで多くない印象。

このお店のオーナーさんは日本人の方で、2013年9月に一号店をオープン。

その後、2号店に当たるノンホイ支店を18年9月にオープンした。

2019年の6月には居酒屋「十べゑ」もオープン。

普通日本人が日本の焼肉のお店をオープンしようと思ったら、現地の日本人駐在や観光客を相手に高額でちょっと敷居の高いお店を展開するのが普通ですが、このオーナーは地元のタイ人をターゲットに。

なかなか斬新な発想です。

なぜなら、タイでは宗教上の理由からあまり牛肉を食べる人がいません。

そして、タイではムーカタという焼肉食べ放題のお店があって、特にチェンマイは沢山のムーカタ店があります。

しかもムーカタは激安で焼肉食べ放題のシステムです。

こんな中、地元のタイ人が牛肉を食べに食べ放題じゃないお店に来るのでしょうか?

オーナーはまず値段設定をタイ人向けに安く設定し、お店も入りやすい半分オープンになってるスタイルで展開。

地元のブロガーが取り上げたことで人気に火がつきあっという間に人気店に。

時間帯によってはいっぱいで入れないこともあった様です。

今回久々に訪問してお客さんの層がだいぶ変わり、中国人や韓国人、タイ人などがそれぞれの食べ方や飲み方で楽しんでいる様な感じでした。

Googleマップを見ているとここは最近かなり韓国人が増えている様です。

コメント欄には韓国人のコメントで溢れています。

私が行った時はそれほど気にはなりませんでしたが・・・。

韓国人の中には韓国の肉とは比べ物にはならないとコメントしている人がいましたが、当然値段が違いますしね。

タイで安く手に入れられる肉を探し、地元のタイ人にも牛肉を楽しんでもらいたいと提供しているわけですので。

『チェンマイホルモン』ロケーション

一号店

二号店

居酒屋「十べゑ」

メニュー

まず酒類が安い。

そして、種類も豊富。

角ハイボールがありますよ。

そして、サラダ系とかつまみ系とか日本人が箸休め的にしたいメニューが豊富。

肉も安い。

チェンマイホルモンという名前が付けられている通り、ホルモン系も色々ありますね。

オーナーはこの肉の仕入れにもこだわっており、この仕入れ先を見つけるのに半年かかったとか。

肉質や値段などあまり牛肉が食べれられていないタイで探すのは容易ではなかったはず。

牛肉ダメな人のためにも鶏や豚肉もいろいろあります。

これなら牛肉食べないタイ人も楽しめます。

豚と鶏の盛り合わせなんて、まず日本人にとっては?だろうけど、地元の人にはバッチリなんでしょう。

「おにぎり」「豚骨らーめん」「牛たんカレー」など日本人の心をくすぐるメニューも満載。

野菜に関してはチェンマイ産にこだわっている様です。

標高があり、乾期と雨期、昼夜の気温差があるタイ北部。

そのチェンマイで取れた野菜は甘味もあってみずみずしい。

韓国人が日本の焼肉屋で出してる韓国系のユッケジャンやサムギョプサルやキムチなどなどにどんな評価をするかは知りませんが、日本人には好評なはず。

実はメニューが他にもあったみたいですが、このテーブルに置いてなかったんですよね。

以前2016年に訪れたときは、イカのゲソ焼きや、餃子、だし巻き玉子などがあったはずなんですが、それらの居酒屋メニューが載ったメニューがなかったです。

私も肉のメニューの方に目が眩んでて気がつきませんでした。

実食

まずはチャンビール。

昔チャンビールはアルコール度数が高かったのだけど、今は普通のビールと同度ぐらいになってしまった。

明るいうちから外を眺めながら七輪と炭で焼いた肉をつまみながら飲む・・・こんな幸せってありますか?

外を向いているカウンター席でおひとり様やお二人様には最高。

店内も店内にはテーブル席もありますが、こんな感じで半分は外みたいな感じなので煙もそれほど気にならず。

ほぼ開店時間に入ったのですが、すでに何組かお客さんがいます。

向かいには中国系の火鍋焼肉店。

こんな感じの中華系のお店がほんとに増えて、タイも雰囲気がだいぶ変わってしまった。

まずは「牛ホルモンのてっちゃん」「やみつききゅうり」「牛タン」を注文。

タレが3種類(わさび醤油、ポン酢、焼肉のタレ)。

チリとニンニクまで付いてる。

これはアジアのチャイニーズ系や韓国人には嬉しいですね。

タンも程よい薄さに切ってある。

焼いていきます。

ビールが止まりません・・・

続いて追加で「ホルモンのまるちょう」「レバー」を注文。

ホルモンの脂がやばいっす!

たまらず生ビールを追加!

チェンマイによったらぜひここに寄ってみてください。

awesomeyoh

伊豆地方を拠点として暮らしている おうすけ といいます。
15年ほど過ごした東南アジアから仕事のために帰国。その後コロナが始まり帰ることができず今に至ります。
10代の頃から外国にあこがれ旅をし、20代で東南アジアに拠点を移し、とにかく世界の色々なところを見て色々な文化に触れたいと思い、いくつかの国を訪れました。
東南アジアの独特な雰囲気に魅せられ、文化を調べたり、言語を学んだり、写真に収めたりしてきました。
しかし、日本へ帰国した時ふと思いました。
あんなに興味のなかった日本ってめちゃくちゃいい国じゃん……
もっと日本のこと知りたい、もっともっと日本の行ったことのない場所に行ってみたいと思うようになりました。
2019年、東南アジアから帰国し、始めた仕事で一年ほど伊豆地方全体を回る機会がありました。
伊豆の山奥に突如広がる山葵田(わさびだ)、林と林の間から見える水平線、毎日見ても毎日感動してしまう夕日、小さくても膨大な量の水を吐き出す滝、太陽に照らされて金色に輝く稲田、毎日表情を変える富士山…
伊豆という素晴らしい場所が身近にありながら全く伊豆の事を知らないということに気がつきました。
もっと伊豆の事を知りたい。
伊豆の美味しい食べ物や素敵な場所を自分の目で見て、食して、調べて、そして写真に収めたいと。
そして、おこがましくも日々伊豆地方の観光地や飲食店、宿泊施設で日々奮闘する人々に少しでも貢献できればと思いました。
それでこのブログを立ち上げました。
伊豆のおでかけスポット、グルメ、自然、人々など色々な分野を紹介していけたらと思っています。
伊豆を回って旅する『伊豆活』と称し活動していきます。
時々かつて住んでいた東南アジアの情報などもシェアしていきたいです。
このブログを通して、誰かの日常を特別な非日常にできる事ができたらと思っています。

2023年3月よりマレーシアの田舎町で暮らすことになりました。
中華系マレーシア人が多い町なので、ここで中国語も勉強しつつ、大都市とはまた違ったマレーシアの文化などを探って、食や言語、文化についての情報をお伝えします。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Translate »