『チェンマイ3日目』②|チェンマイで一番ローカルの雰囲気味わうならここ「ターニン市場」

Pocket

「カオマンガイ」をハシゴ鶏した後は、市場をぷらぷら。

チェンマイにも沢山の市場があります。

最大なのは「ワロロット市場」で、とにかくでかい!

100年以上の歴史があるようで、なんでも手に入ります。

日用品、食料品、衣料品、雑貨、民芸品、フルーツ、惣菜など色々なものが売られているだけでなく、その店の数も半端ない。

観光客も多くて観光地化されているところもあります。

今回紹介したいのは、もうちょっと小さめだけど、ローカルの中では人気のマーケット、「ターニン市場」です。

おうすけ

はじめまして「おうすけ」と言います。
このブログでは伊豆や静岡の観光スポット、おすすめグルメ、ランチスポットなど色々な分野を紹介しております。

2023年より、かつて暮らしていたマレーシアに戻ってきました。
今後はしばらく、マレーシアの食や文化、言語について、かつて15年以上マレーシア住んでいた私ならではの視点で紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。時々マレーシア近隣の国へ行くのでそのリポートもします。今回はタイのチェンマイの情報です。

ターニン市場ロケーション

場所はチェンマイ旧市街の「チャーンプアック門」から北へ上がったところ。

旧市街にいて、そこから歩いたら行けなくもないけど、徒歩はちょっと遠い。

トゥクトゥクとかバイクならあっという間。

「惣菜コーナー」

「ワロロット市場」に比べたら小さいけど、ここの惣菜売り場は本当に好き。

とにかく量と数が圧巻!

名前も味もわからない様な惣菜がいっぱい。

もしタイに住んでいたらこんなのを毎日2−3品買って、おつまみにして飲みたいな〜

これはなんでしょうかねえ?

鶏肉コーナー

手前は鴨肉かな?

色々な部位が売っている。

これはパフかなあ?

結構人気店みたい。

タイには何度も行っているけど、まだまだ食べたことないものいっぱいあるなあと感じる。

揚げ物。

大きなステンレスボールに惣菜がいっぱい!

これって一日で売り切れるのかなあ??

みただけではなんの食材でどんな味がするのかわからない様な惣菜もいっぱい。

「生肉コーナー」

この綺麗な並べ方・・・。

マレーシアにはないわこれ。

マレーシアの市場はハエがたかっていて、市場も臭い、汚い。

タイってトイレも比較的綺麗なんだよなああ。

マレーシア絶対臭いもんなあ。

タイにも臭い市場はあるけれど、ここはあまり匂いはしない。

こちらの店は肉類がみんなケースに入れてました。

新鮮な色。

焼きバナナ。

串物。

一本15バーツ、約60円(2023年12月)!!!

こういう豚のソーセージ系はタイだと本当に安い。

昔はもっと安かったのだろうけど。

マレーシアでもサテーと呼ばれる、串焼き系はあるけど、肉がめちゃくちゃちっちゃい!

豚肉のものはほぼない。

ソースが甘い。

そして、元々小さかった肉が年々更に小さくなり、値段も上がった・・・。

マレーシアでは最近サテー食べなくなりましたね・・・

こちらはみんな10バーツ(約40円)。

「食堂コーナー」

惣菜系が売っているセクションの隣には食堂もあります。

客層はほぼローカルタイ人。

中には現地に暮らしている日本人とか混じっているかも。

今回ここでは食事はしませんでしたが、ここも安くてローカルフード食べるならおすすめの食堂です。

入る時は外国人があまりいなくてアウェイ感が漂いますが、入ったら引き込まれること間違いなし。

チェンマイに行ったらぜひ立ち寄ってください。

awesomeyoh

伊豆地方を拠点として暮らしている おうすけ といいます。
15年ほど過ごした東南アジアから仕事のために帰国。その後コロナが始まり帰ることができず今に至ります。
10代の頃から外国にあこがれ旅をし、20代で東南アジアに拠点を移し、とにかく世界の色々なところを見て色々な文化に触れたいと思い、いくつかの国を訪れました。
東南アジアの独特な雰囲気に魅せられ、文化を調べたり、言語を学んだり、写真に収めたりしてきました。
しかし、日本へ帰国した時ふと思いました。
あんなに興味のなかった日本ってめちゃくちゃいい国じゃん……
もっと日本のこと知りたい、もっともっと日本の行ったことのない場所に行ってみたいと思うようになりました。
2019年、東南アジアから帰国し、始めた仕事で一年ほど伊豆地方全体を回る機会がありました。
伊豆の山奥に突如広がる山葵田(わさびだ)、林と林の間から見える水平線、毎日見ても毎日感動してしまう夕日、小さくても膨大な量の水を吐き出す滝、太陽に照らされて金色に輝く稲田、毎日表情を変える富士山…
伊豆という素晴らしい場所が身近にありながら全く伊豆の事を知らないということに気がつきました。
もっと伊豆の事を知りたい。
伊豆の美味しい食べ物や素敵な場所を自分の目で見て、食して、調べて、そして写真に収めたいと。
そして、おこがましくも日々伊豆地方の観光地や飲食店、宿泊施設で日々奮闘する人々に少しでも貢献できればと思いました。
それでこのブログを立ち上げました。
伊豆のおでかけスポット、グルメ、自然、人々など色々な分野を紹介していけたらと思っています。
伊豆を回って旅する『伊豆活』と称し活動していきます。
時々かつて住んでいた東南アジアの情報などもシェアしていきたいです。
このブログを通して、誰かの日常を特別な非日常にできる事ができたらと思っています。

2023年3月よりマレーシアの田舎町で暮らすことになりました。
中華系マレーシア人が多い町なので、ここで中国語も勉強しつつ、大都市とはまた違ったマレーシアの文化などを探って、食や言語、文化についての情報をお伝えします。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Translate »