浅草じゅうろく|せいろ蕎麦、3/5カレーで〆る

Pocket

はじめまして「おうすけ」と言います。

このブログでは伊豆や静岡の観光スポット、おすすめグルメ、ランチスポットなど色々な分野を紹介していけたらと思っています。

伊豆を回って旅する『伊豆活』と称し活動していきます。

かつて住んでいた東南アジアの情報などもシェアしていきたいとも思っています。

よろしくお願いします。

本格天ぷら屋さんにも負けない『ずば抜けた天ぷら』を蕎麦屋さんの値段で食べれるお店『浅草じゅうろく 修善寺はなれ』

みなさんはお蕎麦好きですか?

おうすけ蕎麦は好きですが、お蕎麦屋さんに行くとついお蕎麦以外のものを頼んでしまうんです。

そんなのは僕だけでしょうか?

お蕎麦屋さんに入ってもメニューを見ると、ついつい僕はがっつり食べれるかつ丼とか、天丼などの丼ものに行ってしまったり、お蕎麦屋さんの出汁の効いたカレーライスとかカレー南蛮に走ったり。

そんな感じでなかなかお蕎麦そのものを楽しむという機会がありませんでした。

いや、お蕎麦から逃げてました。

以前仕事で伊豆市を車で走行中、『浅草じゅうろく修善寺はなれ』という看板を何度か目にし、ここで蕎麦を食べたいなあと思っていたのですが、いつも車がいっぱいだったり、ランチ時間から外れていたりでなかなか食べることができませんでした。

しかし、ついにこの日が来ました!

今日は蕎麦食べるぞ!

アクセス&営業時間

店名

浅草じゅうろく 修善寺はなれ

住所〒410-2501 静岡県伊豆市下白岩61
アクセス修善寺駅から県道12号を車で5分
電話番号055-879-3223
営業時間月曜日~日曜日 
11:00‐15:00 
17:00-21:00 
定休日なし
駐車場あり(店舗前に車8台ぐらい、バイクも可能)
公式情報Facebook 浅草じゅうろく 修善寺はなれ

本店は浅草にあり、ここは「草じゅうろく」の修善寺支店のようです。

メニュー

本店のウェブサイトを見てもかなりのこだわりが伝わってきます。

この修善寺はなれのメニューに書かれているこだわりを読むと素材や提供方法に相当こだわっていらっしゃることがわかります。

メニューが反射してすみません・・・。

画像が汚くて申し訳ない。

メニューは平日ランチの特別メニューや季節によって変わるようですので、お店でその時のメニューを確認した方がいいようです。

やっぱり天せいろかなあ…店長一押しだしね!

スタッフさん声かけて・・・注文

「すみません・・・。えっと・・・じゃあ、ロースカツカレー大盛りおねがいします~。」

え?

ちょま?

やってもうた・・・。

またカレーにいった!

ついメニューの蕎麦屋のローズカツカレーに気持ちが奪われてしまった。

こうなったらここの蕎麦屋の自慢のカレーを心ゆくまで味わおう。

店内は結構こじんまり。

じゅうろくオリジナルTシャツが売ってます。

座敷の方は窓からいい景色。

厨房からは、調理されている方達の「あと何秒で・・・」みたいなかけ声が聞こえて、料理の提供時間へのこだわりが伝わってきます。

実際に食べてみた

来ました!

どんなお味でしょう。

ロースカツも美味しかったのですが、何よりもカレーのルーのお味。

カレー通ではないですけど味わったことのないお味。

いわゆるお蕎麦屋さんの出汁の効いたカレーとも違う、スパイスカレーとも違う。

優しくもあり、スパイスもあり・・・。すごく複雑。

説明が具体的じゃなくてごめんなさい。

とにかくお腹がすいていたのもあってガツガツいってしまった。

ただ、白くて食感のある粒粒が入っているのがわかる。なんだろう?

食べ終わって会計を済ませると、女性のスタッフの方が話しかけてきた。

「ラーメンとかお好きですか?」

そう言うと、ネームカードのようなものを渡して、ここのラーメン屋最近オープンしたらしく、これ見せるとサービスあるみたいですよ!よかったら使ってください」と。

なんでラーメン好きてわかったの?

とてもフレンドリーで親切。

また来たいと思った。

っていうか蕎麦食べてないんだからまた来なきゃならないんだった・・・。

ついに蕎麦を食す。

そして、後日また来店。

ランチメニューに季節の天せいろが店長一押しと書かれている。

よし、今日こそてんぷらと蕎麦だ。

ん?

3/5じゅうろくカレー せいろ蕎麦のセット❣

平日限定・・・3/5ってなんだろう。1/2よりちょっと多め?

気がついたら注文してました・・・。

またあのカレーが食べたくなった・・。

じゅうろくカレーおそるべし。

ついに蕎麦。

お蕎麦はじっくり味わいました。

蕎麦の硬さがちょうどよくて。

こちらでは打った蕎麦に納得がいかなければ店を閉めるほど蕎麦打ちに力を入れていらっしゃるようです。

蕎麦の香りや味が落ちる季節もブレンドや打ち方に工夫を凝らし努力されているようです。

わさびは伊豆産。

つゆは濃いめ、甘めでしょうかね。(私個人の感想)

とても美味しかった。

で、やっぱり〆はカレーで。

蕎麦を食べてからのカレーだったからか、店主が味をちょっと変更したのか、はたまた自分の体調の違いか、以前とは違う味に感じた。

でも美味しい。

やっぱり白い粒粒が入ってる。

会計時に店主らしき方(わかりませんが)が声をかけてくださった。

「お味はどうでしたか?」

よし、聞いてみよう。

「あのカレーに入ってる粒粒ってなんですか?」

「あれはカシューナッツです。隠し味にいれてるつもりなんですがバレバレですよね?その時点で隠し味でもなんでもないっすよね?」とお茶目な回答。

なるほど~。カシューナッツだったのか。

いや、あのナッツの食感と芳ばしさがカレーに深みを加えていた。ほかにも色々不思議な味してたんで、また再来して試したいです。

ってまたカレー食うのか⁉

今度はお蕎麦についても色々お話聞きたいです。

結局カレーの話になってしまった・・・。

沼津のクラフトビール、ベアードビール。

美味しいよ。

選べるセットは色々な種類が楽しめるので、贈り物にもいいですよ。

おうすけはスルガベイインペリアルIPAがパンチがあって好きです。

awesomeyoh

伊豆地方を拠点として暮らしている おうすけ といいます。
15年ほど過ごした東南アジアから仕事のために帰国。その後コロナが始まり帰ることができず今に至ります。
10代の頃から外国にあこがれ旅をし、20代で東南アジアに拠点を移し、とにかく世界の色々なところを見て色々な文化に触れたいと思い、いくつかの国を訪れました。
東南アジアの独特な雰囲気に魅せられ、文化を調べたり、言語を学んだり、写真に収めたりしてきました。
しかし、日本へ帰国した時ふと思いました。
あんなに興味のなかった日本ってめちゃくちゃいい国じゃん……
もっと日本のこと知りたい、もっともっと日本の行ったことのない場所に行ってみたいと思うようになりました。
2019年、東南アジアから帰国し、始めた仕事で一年ほど伊豆地方全体を回る機会がありました。
伊豆の山奥に突如広がる山葵田(わさびだ)、林と林の間から見える水平線、毎日見ても毎日感動してしまう夕日、小さくても膨大な量の水を吐き出す滝、太陽に照らされて金色に輝く稲田、毎日表情を変える富士山…
伊豆という素晴らしい場所が身近にありながら全く伊豆の事を知らないということに気がつきました。
もっと伊豆の事を知りたい。
伊豆の美味しい食べ物や素敵な場所を自分の目で見て、食して、調べて、そして写真に収めたいと。
そして、おこがましくも日々伊豆地方の観光地や飲食店、宿泊施設で日々奮闘する人々に少しでも貢献できればと思いました。
それでこのブログを立ち上げました。
伊豆のおでかけスポット、グルメ、自然、人々など色々な分野を紹介していけたらと思っています。
伊豆を回って旅する『伊豆活』と称し活動していきます。
時々かつて住んでいた東南アジアの情報などもシェアしていきたいです。
このブログを通して、誰かの日常を特別な非日常にできる事ができたらと思っています。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »