『The Coral Executive Lounge in チェンマイ国際空港』|「プライオリティ・パス」を使ってラウンジを満喫

Pocket

今回の記事は空港ラウンジとクレジットカードについてのお話。

チェンマイからマレーシアに戻る際も空港ラウンジをフル活用してきました。

空港ラウンジってお金持ちの利用する施設でしょ?と思っているあなた。

チェンマイ国際空港(Chiang Mai Intl), 国内線ターミナルにも「プライオリティ・パス」を利用して、無料で空港ラウンジで食べ放題、飲み放題できちゃいますよ。

プライオリティ・パス」とは、会員であれば、「世界中の空港にある空港ラウンジが利用できる」、「ラウンジで軽食やドリンク、お酒を楽しめる」、「無料Wi-Fiや電源が利用できる」、「シャワーが使える」といったサービスです。

以前にも少しラウンジと「プライオリティ・パス」についてもう少し詳しい記事を書きましたのでそちらをご覧ください。

後ほどこの記事の最後に一番お得にプライオリティパス最上級ステージのプレステージ会員になる方法についての最新情報をお伝えします。

まずはチェンマイのラウンジ『The Coral Executive Lounge in チェンマイ国際空港』についてご紹介します。

おうすけ

はじめまして「おうすけ」と言います。
このブログでは伊豆や静岡の観光スポット、おすすめグルメ、ランチスポットなど色々な分野を紹介しております。

2023年より、かつて暮らしていたマレーシアに戻ってきました。
今後はしばらく、マレーシアの食や文化、言語について、かつて15年以上マレーシア住んでいた私ならではの視点で紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。時々マレーシア近隣の国へ行くのでそのリポートもします。今回はタイのチェンマイの情報です。

営業時間&アクセス

営業時間
毎日:午前8時~午後11時

所在地
チェンマイ国際空港(Chiang Mai Intl), 国際線ターミナル
エアサイド – 2階、国際線出発ロビー。ラウンジはVAT払い戻しオフィスの隣にあります。

利用条件
最長3時間まで滞在可能です。 – 2歳未満のお子様は入室無料です。 – アルコール飲料はビールのみ無料です。 – 頭と肩のマッサージを無料サービス(大人1名様につき15分間)。

追加情報
一部のアルコール飲料のご注文、電話のご利用につきましては別途料金を頂戴いたします。

 ラウンジの雰囲気

ラウンジの雰囲気は明るいポップなcafeといった感じ。

落ち着くかと言われるとそうではないですが、清潔感があって家具や食器は少し高級感もあります。

パッと見はフード、ドリンクコーナーはそれほど大きくなく、種類もそんなにない様に感じましたが、実際に取りに行ってみると意外とありました。

サラダやフルーツ。

カクテルソーセージやサラダ。

軽食系はほうれん草とチーズをベイクしたものやブラウニー、サンドイッチなど。

照り焼きチキンやサテーもあります。

なんとワカメの味噌汁。

豆腐とネギを自分でトッピングできます。

トーストやワッフルコーナー。

食器と家具、雰囲気が全く合っていない感じが、ちょっとタイらしくなく、背伸び感が否めませんが・・・。

レッドカレーチキン。

炒飯。

フルーツや小分けにされたサラダ、ドリンク類です。

お酒類は生ビールのみが無料であとはチャージされる様です。

生ビールは2種類。

「チャンビール(Chang Beer)」「フェダブロイ(Federbrau Beer)

「チャンビール(Chang Beer)」は言わずもがなうまいんですが、「フェダブロイ(Federbrau Beer)」の生は初めて飲みましたが、さすがドイツのミュンヘン発祥のラガー系ビールスタイル「ヘルス」の作り方がベースになっているだけあって味が深い。

「フェダブロイ(Federbrau Beer)

スタイルはドイツのミュンヘンが発祥のへレス(ドイツのミュンヘン発祥のラガー系ビール)で、ドイツで1516年に発令された「ビールの原料は麦芽・ホップ・水のみとする」というビール純粋令を お手本としながらも、タイの要素としてタイ米を副原料として加えます。

そうすることにより、ドイツから輸入した最高品質のジャーマンシングルモルトから生まれるリッチな味わいに、タイ米がもつ爽やかな風味が合わさり、ドイツとタイのビール造りの文化が融合した、伝統的かつ革新的な新しい味わいのフェダブロイが完成しました。

ボトルデザインもこれまでのタイビールでは見られなかった、赤い羽根と緑のボトルの美しいコントラストを活かした斬新なデザインを採用しています。

アルコール度数:4.8度
タイプ:ラガー

ビールに関しては入口の受付のところで受付の方に注文してグラスに注いでもらいます。

どうでもいい話なんですが、この受付のお姉さん自分のオフィスの横にいつも生ビールサーバーがあって、美味しそうに注がれた黄金色のビールを眺めていて仕事になるんでしょうか(苦笑)?

私なら・・・無理ですね笑

さてとりあえず第一ラウンドはサラダを中心とした、いくつかフードを盛り付けて席へ。

右下のグラスに入ったチキンソーセージサラダは スパイシーでパクチーが入っててタイらしい味付けでビールと合います。

右上の小さめなグラスに入った、テリヤキチキンも優しい味で日本が懐かしくなる 焼き鳥のような味だけど、それでいて甘くなくていい。

これまたちょうど良いおつまみに。

別皿で取ったレッドカレーチキンはさすが本場のタイ。

レモングラスとバジルが効いていて美味しかったぁ。

第二ラウンドは炭水化物系と味噌汁。

そして、先ほどのテリヤキチキン、グリーンカレー、ソーセージカクテルのおかわりで。

こういう作り置きされたパスタが美味しくはないのはわかっていたけど、味見に。

やっぱ不味かった。

ソースは酸味が強くて冷たいし、パスタはパッサパサ。

炒飯はタイの味でも中華の味でもなく、ピラフのような味で塩気も薄め。

残念でした。

味噌汁は美味しかった!

甘めの白味噌であまり好みの味ではないけど、出汁がしっかり効いていてよかった。

総合すると、お酒を飲みながら軽食を食べたい人には結構いいのではないでしょうか。

ガッツリ食べたい人には残園かも。

さて冒頭で触れましたが、プライオリティパス最上級ステージのプレステージ会員になるには楽天プレミアムカード会員になるのが一番安く会員になれる方法です。

新規入会で5,000ポイントも進呈があります。

↓のバナーから詳しい情報をゲットしてみてください。

ただし、前回の記事でも触れたように、楽天のサービス変更に伴い2025年1月1日(水)以降のプライオリティ・パスのご利用は年間5回まで無料と変更になります。

なんだ、たった五回しか使えないのかと思うかも知れませんが、今まで無制限だったのがすごいのです。

通常はプライオリティパス最上級ステージのプレステージ会員になるには469米ドル、日本円で約70,000円です。

それを年間11,000円の年会費でカバーしていたのですから、楽天もかなり無理をしていたことになります。

楽天プレミアムカードの年会費は税込11,000円ですが、空港をよく利用する方でお酒を飲む方であれば5回ラウンジを利用したら元を取れます。

空港は食事代も高くて、混んでいるところも多い。

お酒なんて飲んだら更に高くついちゃう。

でも、ラウンジなら食事できて、お酒も飲めて(ラウンジによってはないところもあります)、リラックスできるソファーでWi-Fi使えて、携帯やパソコンの充電もできちゃいますよ。

今年2024年いっぱいまでは無制限で使えますし、申し込んでみてはどうでしょうか?

いやいや、年5回なら元は取れないでしょ、楽天市場もそんな使わないしという方。

楽天よりも他のカードの方がポイント率もいいしという方。

そんな方には更に別の方法で今までと同じぐらいの値段(11,000円)でプライオリティパス最上級ステージのプレステージ会員になり、しかも無制限でラウンジを利用できる方法があります。

次回2つの方法をご紹介します!

お楽しみに!

awesomeyoh

伊豆地方を拠点として暮らしている おうすけ といいます。
15年ほど過ごした東南アジアから仕事のために帰国。その後コロナが始まり帰ることができず今に至ります。
10代の頃から外国にあこがれ旅をし、20代で東南アジアに拠点を移し、とにかく世界の色々なところを見て色々な文化に触れたいと思い、いくつかの国を訪れました。
東南アジアの独特な雰囲気に魅せられ、文化を調べたり、言語を学んだり、写真に収めたりしてきました。
しかし、日本へ帰国した時ふと思いました。
あんなに興味のなかった日本ってめちゃくちゃいい国じゃん……
もっと日本のこと知りたい、もっともっと日本の行ったことのない場所に行ってみたいと思うようになりました。
2019年、東南アジアから帰国し、始めた仕事で一年ほど伊豆地方全体を回る機会がありました。
伊豆の山奥に突如広がる山葵田(わさびだ)、林と林の間から見える水平線、毎日見ても毎日感動してしまう夕日、小さくても膨大な量の水を吐き出す滝、太陽に照らされて金色に輝く稲田、毎日表情を変える富士山…
伊豆という素晴らしい場所が身近にありながら全く伊豆の事を知らないということに気がつきました。
もっと伊豆の事を知りたい。
伊豆の美味しい食べ物や素敵な場所を自分の目で見て、食して、調べて、そして写真に収めたいと。
そして、おこがましくも日々伊豆地方の観光地や飲食店、宿泊施設で日々奮闘する人々に少しでも貢献できればと思いました。
それでこのブログを立ち上げました。
伊豆のおでかけスポット、グルメ、自然、人々など色々な分野を紹介していけたらと思っています。
伊豆を回って旅する『伊豆活』と称し活動していきます。
時々かつて住んでいた東南アジアの情報などもシェアしていきたいです。
このブログを通して、誰かの日常を特別な非日常にできる事ができたらと思っています。

2023年3月よりマレーシアの田舎町で暮らすことになりました。
中華系マレーシア人が多い町なので、ここで中国語も勉強しつつ、大都市とはまた違ったマレーシアの文化などを探って、食や言語、文化についての情報をお伝えします。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Translate »