『あまご茶屋 修善寺温泉店』|清流の女王「紅姫あまご」のづけ丼と蒲焼重が美味すぎた!

Pocket

コロナ禍真っ只中、天城湯ヶ島のあたりを仕事で回っている時に、ふと「あまご茶屋」という看板が目に入った。

Googleマップで調べてみると、あまご専門店であることがわかった。

あまごとは?

あまごとは、サケ科の川魚で、サツキマスの河川残留型(陸封型)個体だそうです。

魚について詳しくないので、説明はこの辺にしておきますが、あまごやまめは見た目が似ているのでよく比較されます。

以前ヤマメの専門店、『やまめの里 見月茶屋』を紹介しましたが、アマゴもヤマメも川魚の中では美味しいと言われ、渓流釣りされる方の人気も高い様です。

『やまめの里 見月茶屋』の記事はコチラ↓

これはぜひあまごも食べてみたいと思い、仕事の昼休み時間に何度か寄ってみたのですが、コロナ禍だったせいか(タイミングが悪かったのか)開店日、開店時間のはずなのに開いている時がなく、結局諦めました。

しかし、その後修善寺に来た時に『あまご茶屋 修善寺温泉店』を発見。

ランチをいただきました!

はじめまして「おうすけ」と言います。
このブログでは伊豆や静岡の観光スポット、おすすめグルメ、ランチスポットなど色々な分野を紹介していけたらと思っています。
伊豆を回って旅する『伊豆活』と称し活動していきます。
かつて住んでいた東南アジアの情報などもシェアしていきたいとも思っています。
よろしくお願いします。

『あまご茶屋 修善寺温泉店』とはどんなお店?

伊豆の山深く天城山系の柿木川の源流にほど近いところにある養魚場「下山養魚場」

天城の湧水を利用し育てられたあまごとわさび。

その「下山養魚場」直営のあまごとわさびの専門店が『あまご茶屋 修善寺温泉店』です。

「下山養魚場」で育てられたあまごは3年以上かけ大型化する品種「紅姫あまご」だそうで、その身の大きさゆえに刺身での提供が可能になった様です。

刺身の色は薄いサーモンピンクで、適度に脂がまわり、臭みが無いのが特徴です。

あまごの養殖は難しいそうで卵が孵化してから大きく育つアマゴは2割程度。

なるべく自然に近い環境で、わさび田の清らかな湧き水でゆっくりと3年もかけて育てています

そんな環境で育てられた、あまごわさびの料理を提供しているのが、『あまご茶屋 修善寺温泉店』なのです。

伊豆に訪れたらぜひ一度この『あまご茶屋』にしかない「紅姫あまご」を試してみたいですよね?

メニュー

メニューを開くと「料理研究家 本田淑美」さんの名前があります。

全てのメニューが本田淑美さんによって監修されている様です。

影が写り込んでしまってすみません。

これは非常に迷いますよ

当然選択肢はあまごなんですが、刺身か、はたまた蒲焼重か・・・づけ丼か・・・天重か・・・いや、塩焼きもある、と思いきや、山椒煮・・・西京焼まである・・・

やばいな!!おいおい!

いや、ちょっと待てよ・・・

あまごを使った「あまカツ修善寺バーガー」なるものあるぞ!!

わさび鍋もありますよ!

そう、そして修善寺といえば、そば!

アマゴと蕎麦のコラボ。

しかも、蕎麦は打ち立ての「外一(そといち)そば」

「外一(そといち)そば」とは?

外一はそば粉とつなぎの小麦粉の配合割合を表す用語であり、そば粉とつなぎの割合が10:1となる九割そばの一種です。
そば粉の量を10として考える配合のことを外割とよび、外割でそば粉に対し一割分のつなぎを使用するという意味で外一と呼びます。
総量でみると内一よりもつなぎの割合が少なくなるため、同じ九割そばでも外一の方が製麺の技術が必要です。

日穀製粉株式会社ホームページ

これはもう決められないですね。

やはりあまごの味を純粋に楽しむ、刺身、づけ丼、塩焼きが無難でしょうかね?

漬け丼にしようかと思っていたら、一緒に行った友人が、迷わず「姫あまごのづけ丼」を選択。

これは同じものでは面白くない。

ということで、「姫あまごの蒲焼重」に決定!

では待ちましょう。

DEENのボーカル池森さん監修の「外一(そといち)そば」

「姫あまごのづけ丼」&「姫あまごの蒲焼重」実食

まずは「姫あまごのづけ丼」が到着。

うまそう!

小鉢と味噌汁が付きます。

味噌汁はあまごのアラ汁ですね。

あまごの脂と出汁が滲み出ています。

づけ丼の頂上には、紅姫あまごからとれたイクラを塩漬けにした「黄金(こがね)いくら」が!!

なんと豪華な!

鮭のいくらと違って黄金色なんですね。

友人のではありますが、お先にいただきます。

うん、うまい。

確かに甘味があります。

漬具合もちょうど良く。

魚の香り、匂いについては私はちょっと敏感すぎるところがあるので、多少の臭みを感じましたが、これはこれで魚好きにはたまらないのではないでしょうか?

「姫あまごの蒲焼重」到着〜

めちゃくちゃ美味そう!

さすが姫あまごです!

身がでかい!

早速パクリ。

ん・・・

ん・・・めえ!

これは正直づけ丼よりもうまい!

身がホクホクして柔らかく、甘味も脂身もあり甘いタレと相まって最高の味を出してる!

あまごを蒲焼にするとこんなにも合うとは!

友人には悪いけど、こっちを選んで正解だった!

店内は落ち着いた雰囲気でとても清潔感がある。

ただ店内小さめのサイズにしては、テーブルと椅子が多いため、ちょっとテーブルとテーブルの間隔が狭く、隣の人ともかなり近い。

まあこんな時は隣の人の頼んだメニューなんかを見て、美味しそうですね?なんて会話を始めてみてもいいかも。

次は蕎麦かなあ・・・。

アクセス&営業時間

店名『あまご茶屋 修善寺温泉店』
住所〒410-2416 静岡県伊豆市修善寺765-1
アクセス修善寺駅からバスで8分
電話番号0558-73-2388
営業時間11:00~20:30(閑散時は19時頃に閉店する場合がございます)
定休日水曜日(行楽シーズンは営業)
駐車場かきうど歯科医院の裏側が駐車場
公式情報『あまご茶屋 修善寺温泉店』
※営業時間・定休日が記載と異なる場合がございます。ご来店時は事前に店舗にご確認ください。

awesomeyoh

伊豆地方を拠点として暮らしている おうすけ といいます。
15年ほど過ごした東南アジアから仕事のために帰国。その後コロナが始まり帰ることができず今に至ります。
10代の頃から外国にあこがれ旅をし、20代で東南アジアに拠点を移し、とにかく世界の色々なところを見て色々な文化に触れたいと思い、いくつかの国を訪れました。
東南アジアの独特な雰囲気に魅せられ、文化を調べたり、言語を学んだり、写真に収めたりしてきました。
しかし、日本へ帰国した時ふと思いました。
あんなに興味のなかった日本ってめちゃくちゃいい国じゃん……
もっと日本のこと知りたい、もっともっと日本の行ったことのない場所に行ってみたいと思うようになりました。
2019年、東南アジアから帰国し、始めた仕事で一年ほど伊豆地方全体を回る機会がありました。
伊豆の山奥に突如広がる山葵田(わさびだ)、林と林の間から見える水平線、毎日見ても毎日感動してしまう夕日、小さくても膨大な量の水を吐き出す滝、太陽に照らされて金色に輝く稲田、毎日表情を変える富士山…
伊豆という素晴らしい場所が身近にありながら全く伊豆の事を知らないということに気がつきました。
もっと伊豆の事を知りたい。
伊豆の美味しい食べ物や素敵な場所を自分の目で見て、食して、調べて、そして写真に収めたいと。
そして、おこがましくも日々伊豆地方の観光地や飲食店、宿泊施設で日々奮闘する人々に少しでも貢献できればと思いました。
それでこのブログを立ち上げました。
伊豆のおでかけスポット、グルメ、自然、人々など色々な分野を紹介していけたらと思っています。
伊豆を回って旅する『伊豆活』と称し活動していきます。
時々かつて住んでいた東南アジアの情報などもシェアしていきたいです。
このブログを通して、誰かの日常を特別な非日常にできる事ができたらと思っています。

2023年3月よりマレーシアの田舎町で暮らすことになりました。
中華系マレーシア人が多い町なので、ここで中国語も勉強しつつ、大都市とはまた違ったマレーシアの文化などを探って、食や言語、文化についての情報をお伝えします。

おすすめ記事

1件のコメント

  1. […] 『あまご茶屋 修善寺温泉店』|清流の女王「紅姫あまご」のづけ丼と蒲焼… […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Translate »