『大衆酒場たばちゃん 沼津駅北口店』|たばちゃんのせんべろ知ってるかい?

Pocket

「せんべろ、せんべろ」とはよく聞くけれど、実際にこの伊豆近辺、静岡東部で「せんべろ」やってるお店は聞いたことがない。(自分が知らないだけかも)

え?

「せんべろ」って何?

っていう方もいる?

せんべろとは?

「1000円も出せばべろべろになるほど酒が飲める」の意。料金が非常に安い酒場のこと。また、そのような酒場で飲むこと。 コトバンク

とある日、沼津の街をぶらついていると、こんな看板を発見。

たばちゃんのせんべろ知ってるかい?

知らないっす・・・。

1000円でドリンク3杯も飲めておつまみも付くの!

これは凄い。

名物煮込みかあ。

美味そうだ。

早速入ってみた。

アクセス&営業時間

店名『大衆酒場たばちゃん 沼津駅北口店』
住所〒410-0056 静岡県沼津市高島町21−20 サンリコービル 1F
アクセス沼津駅北口から徒歩2分
電話番号055-926-7784
営業時間16:00~00:00 (月曜日から土曜日)
15:00~23:00 (日曜日)
定休日なし
駐車場なし
公式情報https://www.teppan-ashitaba.jp/tabachan/
※営業時間・定休日が記載と異なる場合がございます。ご来店時は事前に店舗にご確認ください。

メニュー

「踊りあじ刺身」とか「タン低温調理刺」とか面白そうなメニューがあるなあ。

「せんべろ」を詳しく説明しますと

せんべろ ドリンク3杯とおつまみ1品の場合

399円(税抜)の中から3杯選ぶ&その日の「お通し」

せんべろ ドリンク2杯とおつまみ2品の場合

399円(税抜)の中から2杯選ぶ&その日の「お通し」と「すぐ出るメニュー」の8品から1品選ぶ

となっています。

これはOPENから18:00までとなっていますのでご注意。

ちなみにこの日はOPEN時間は16:00でした。

店内は清潔感があって、レトロ感ありだけど、お洒落な感じ。

中央がカウンターになっているけど、スタッフさんと顔を見合わせる感じではないので一人静かに飲むにはちょうど良い。

もちろん仲間と飲みたい人にはテーブル席も沢山あります。

インスタで投稿&フォローした人にはサービスも。

珍しいビアボール!

「せんべろ」 ドリンク3杯とおつまみ1品の場合

まずは生!

そして「男は黙ってハイボール」と今日のお通し。

このお通しはちょっとハズレかなあ。

パスタサラダみたいな。

このお通しはその日によって変わる様ですので。

これを差し引いてもドリンク3杯が1000円で飲めると思えばかなりお得ですよね。

普通居酒屋行ったらお通し代だけで300−400円取られる所もありますしね。

生、ハイボ、生にしました。

テイクアウト

この日は時間がなかったので、テイクアウトで数品持ち帰りました。

パックされていて見にくくてすみません・・・。

まずは自慢の煮込みだよ!

2日煮込まれたモツは柔らかく、創業した先代の時からの味が受け継がれています。

串焼きのトロ塩レバー 2本いっちゃおう!

トロ塩レバーは持ち帰で冷めてしまいましたが、冷めても柔らかくて美味しかったです!

たばちゃんの唐揚げが3種食べ比べできちゃう!

唐揚げ3種は「醤油ニンニク味」「油淋鶏味」「韓国旨辛味」

どれも味が濃い目でおつまみに最高でした。

「せんべろ」 ドリンク2杯とおつまみ2品の場合

やはり最初は生で。

お!

今日のお通しは当たりかも!

里芋と椎茸の煮物。

旨い!

里芋もちょうど良い具合に味が染み込んでいて、柔らかい。

椎茸も煮汁が染み込んでます。

もう一品は「すぐでる」メニューから選択できます。

「すぐでる」メニュー8品はこちら!

  • 落花生 税込319円
  • ガツあえ 税込319円
  • 枝豆 税込319円
  • 半熟うずら 税込429円
  • 豚のあたりめ 税込429円
  • ピリ辛肉味噌きゅうり 税込429円
  • いぶりがっことクリームチーズ 税込429円
  • おしんこ盛り 税込539円

一番高い値段設定の「おしんこ盛り」 税込539円も気になりましたが、「豚のあたりめ」 税込429円に決定!

なんと旨そうな・・・。

一口パクリ・・・・。

バチクソうまいっすね!

ベーコンを炙ったような感じ。

塩気もバッチリ。

ブラックペッパーが効いてる。

唐辛子をあしらったマヨを付けたら無限のループじゃなこれわ!

酒がどんどん進むわこれは!

2杯目。

濃いめのレモンサワーはグラス小さめ。

この旨いおつまみ達に釣られお酒がグイグイいってしまい、あっという間に無くなってしまった。

逆にこれは2杯じゃ足りないです。

うまくできてますな。

せんべろ ドリンク3杯とおつまみ1品の場合はお通しがイマイチだったのもあり、他のメニューを追加して三杯飲める感じで、「せんべろ」 ドリンク2杯とおつまみ2品の場合はお酒を追加する感じでしょうか。

いずれにしても早い時間にチャチャっと飲んで帰りたい方々には絶対おすすめの「たばちゃんせんべろ」でした。

沼津仲見世にも「たばちゃん」オープンしました。

awesomeyoh

伊豆地方を拠点として暮らしている おうすけ といいます。
15年ほど過ごした東南アジアから仕事のために帰国。その後コロナが始まり帰ることができず今に至ります。
10代の頃から外国にあこがれ旅をし、20代で東南アジアに拠点を移し、とにかく世界の色々なところを見て色々な文化に触れたいと思い、いくつかの国を訪れました。
東南アジアの独特な雰囲気に魅せられ、文化を調べたり、言語を学んだり、写真に収めたりしてきました。
しかし、日本へ帰国した時ふと思いました。
あんなに興味のなかった日本ってめちゃくちゃいい国じゃん……
もっと日本のこと知りたい、もっともっと日本の行ったことのない場所に行ってみたいと思うようになりました。
2019年、東南アジアから帰国し、始めた仕事で一年ほど伊豆地方全体を回る機会がありました。
伊豆の山奥に突如広がる山葵田(わさびだ)、林と林の間から見える水平線、毎日見ても毎日感動してしまう夕日、小さくても膨大な量の水を吐き出す滝、太陽に照らされて金色に輝く稲田、毎日表情を変える富士山…
伊豆という素晴らしい場所が身近にありながら全く伊豆の事を知らないということに気がつきました。
もっと伊豆の事を知りたい。
伊豆の美味しい食べ物や素敵な場所を自分の目で見て、食して、調べて、そして写真に収めたいと。
そして、おこがましくも日々伊豆地方の観光地や飲食店、宿泊施設で日々奮闘する人々に少しでも貢献できればと思いました。
それでこのブログを立ち上げました。
伊豆のおでかけスポット、グルメ、自然、人々など色々な分野を紹介していけたらと思っています。
伊豆を回って旅する『伊豆活』と称し活動していきます。
時々かつて住んでいた東南アジアの情報などもシェアしていきたいです。
このブログを通して、誰かの日常を特別な非日常にできる事ができたらと思っています。
Amazonのアソシエイトとして、当ブログは適格販売により収入を得ています。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »